data

リンク集

各国特許庁

サーチ関連(国内)

サーチ関連(海外)

知的財産権に関する条文(日本)

知的財産権に関する条文(外国)

その他

相互リンク

その他相互リンク

 かんたん相互リンクに参加しています。

タグ:

特許  米国  PCT  中国  出願  発明  日本  欧州  EPO  米国特許  翻訳  審査  or  patent  商標  可能  手続  意匠  特許出願  欧州特許  USPTO  データ  作成  Japan  実用新案  方法  an  説明  Patent  制度  特許庁  外国  not  情報  特許審査  Office  action  EP  各国  at  ヨーロッパ  art  rce  特許法  調査  提供  アメリカ  特許事務所  情報提供  search  office  判決  概要  MPEP  状況  epc  欧州特許庁  詳細  epo  判例  関連  日本特許庁  www  ガイドライン  種類  Inter  II  英文  サーチ  pace  IP  知的財産  インド  事務所  European  中国特許  we  海外  method  under  III  確認  law  医薬  We  国内  保護  go  独立  欧州特許出願  米国特許法  patents  タイ  経験  特許翻訳  条約  so  jpo  ex  米国特許商標庁  知識  弁理士  practice  サイト  re  ライン  知的財産権  オーストラリア  会社  legal  Design  カナダ  無料  uspto  htm  関係  経過  ページ  first  翻訳会社  United  データベース  ホームページ  Search  cgi  ii  WIPO  do  個別  裁判所  States  模倣  index  data  inoue  ep  Intellectual  european  パテント  リンク  相談  世界  structure  Property  検索  Department  main  対策  article  和文  条文  相互  日本特許  per  html  am  sea  its  太陽  ベース  参加  価格  ku  出願手続  gov  長年  気軽  iii  紹介  url  link  tokkyo  センター  web  商標法  Patents  ratio  著作権  mpep  裁判  act  part  lines  意匠法  所有  事務  中国国家知識産権局  便利  courts  社団法人  先進国  経過情報  相談下  IPC  China  Trademark  Trade  ウェブ  デザイン  Organization  各国特許庁  収集  up  国際  特許出願手続  texts  hanrei  特許公報  利便性  大学作成  大学  運営  審査状況  審査経過  電子  医薬翻訳  知的財産権判決速報  世界知的所有権機関  中国商標  機関  公報  特許庁特許電子図書館  特許商標庁  共同  コーネル  シンガポール  エンジン  特許意匠商標庁  日本国  リン  ノウハウ  oa  Singapore  State  Re  offices  low  World  mm  ml  Web  Unit  Korea  quick  recent  JAPAN  red  pc  Ministry  fr  fips  ed  find  ip  try  AIPPI  Commerce  sonota  Australia  structured  DE  shiryou  General 

翻訳言語・分野

翻訳言語

日本語→英語

英語→日本語

英文和訳の質に関しては勿論のこと、英訳に関しても、海外の顧客や弁護士・弁理士の方々より正確であり且つ非常に分かり易いと高く評価して頂いています。少なくとも組織全体で安定して、弊所と同等の質の英訳サービスを提供できる翻訳会社・翻訳事務所は、日本には他に存在しないと考えています。

翻訳分野

文書の種類

- 特許関連文書 [特許明細書(直接又はPCT経由で外国特許出願するための明細書)、特許公報、手続き補正書、意見書、答弁書、実験成績報告書、宣誓書、拒絶理由通知、拒絶査定、特許査定、異議申立書、審判理由補充書、鑑定書、侵害・無効訴訟の訴状や準備書面等]

- 法務資料 (法律文献)

- 契約書(特許実施許諾契約書、秘密保持契約書、雇用契約書等)

- 医薬関連資料 (医学論文、試験報告書、製造管理資料等)

- マニュアル(機械、自動車、コンピュータ、電子器機等)

- MSDS(Material Safety Data Sheet, 化学物質安全性データシート)

- ISO関連(ISO 9001、ISO 14001、ISO 13485など

- 仕様書(自動車、エネルギー、医療機器、情報通信等)

- IR資料 (営業報告書、年次報告等)

- 広報資料(ニュースレター、プレスリリース、会社案内等)

- 社会的責任報告書 (CSRレポート) 

- 社内資料 (内部監査資料、就業規則等)

- 金融関連資料 (証券、銀行等)

- レター(海外顧客、弁護士、弁理士などとの連絡)類

- サステナビリティーレポート(持続可能性報告書)

- 会計資料(領収書・レシートや請求書等)

- 財務資料(貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュ・フロー計算書(C/S)、株主資本等変動計算書(S/S)を含む各種財務諸表等)

- 環境報告書

- Webコンテンツ

- マーケティング用資料

尚、外国特許出願用明細書(PCT出願明細書を含む)の英訳文作成などのいわゆる特許翻訳の場合、単なる翻訳に留まらず、技術的及び特許的な観点からのアドバイスも致します。

専門技術分野

有機・無機化学、高分子化学、薬学、バイオテクノロジー(生化学及び遺伝子工学を含む)、電気工学(電池、電子回路、半導体など)、機械工学(材料加工機械、精密機械、事務機器、生産・組立機械、一般機械、農業機械、機械工具、運輸、車両一般、自転車、生活用品、包装・容器、土木建築、建造物など)、光学関連(光学要素、光学系、光学装置、光学部品、光学工作物、発光装置など)、IT 関連(ハードウェア、ソフトウェア、セキュリティ、通信・ネットワーク、プログラミングなど)

 

*もちろん、全ての分野に関して、博士号、又は修士、学士の取得者レベルの専門家がいるという訳では有りませんが、弊所では様々な技術分野における翻訳の実績があり、基本的に殆どどの様な技術分野に関する文書でも、優れた翻訳サービスをご提供することができます。それが本当のプロの技術翻訳者に要求される能力であると考えます。たとえ、案件の性質上、時間をかけると利益が薄くなってしまうような場合であっても決して手を抜くことはございません。

弊所の翻訳者は、どのような技術分野に関する翻訳であっても、技術的内容を理解せずに翻訳するということは絶対に致しません。(弊所での翻訳案件の多くが、技術の絶対的理解を要する特許出願明細書の翻訳であるということにも起因します。)

しかし、技術的な予備知識は最低限あれば良く、より重要なのは、原文の意図を間違いなく読み取る洞察力・観察力・理解力、不明な点を明らかにする調査能力・質問能力、そして得られた理解に基づいて、第三者が客観的に容易に理解出来る翻訳文章を作成するための論理構成力・表現力であると考えています。

むしろ専門知識が有りすぎると、無意識に読者も同様の知識を有していることを前提としてしまいがちなので、少し調べれば技術内容が理解出来るという程度が、第三者が読んで分かり易い文章を書くには有利であるとも考えられます。それは、もちろん翻訳者がプライドを持って、徹底理解のもとに翻訳を行うということが前提になりますが・・・

タグ:

特許  PCT  出願  日本  補正  明細書  翻訳  拒絶  可能  弊所  英語  手続  特許出願  データ  作成  異議申立  要求  an  可能性  請求  出来  外国  同様  情報  理由  存在  日本語  拒絶理由  翻訳文  無効  文献  規則  at  意見書  技術  第三者  容易  拒絶理由通知  非常  特許査定  原文  宣誓書  重要  実験  調査  実施  レベル  補充  提供  内容  理解  出願明細書  観点  通知  製造  表現  言語  関連  英訳文  種類  英訳  異議  分野  技術分野  英文  侵害  答弁書  取得  訴訟  要素  事務所  基本的  鑑定書  案件  経由  海外  意図  翻訳者  構成  時間  評価  医薬  拒絶査定  We  勿論  サービス  専門家  程度  審判  エネルギー  特許翻訳  書面  医療  知識  弁理士  外国特許出願  活用  有利  正確  ISO  補正書  異議申  特許明細書  会社  直接  一般  文章  法律  装置  前提  意見  能力  機械  翻訳会社  無効訴訟  不明  管理  宣誓  弁護士  同等  客観的  特許出願明細書  申立  プロ  資料  化学  ニュース  バイオテクノロジー  外国特許  技術翻訳  技術内容  和訳  準備  顧客  文書  起因  全体  意識  安定  本当  医療機器  実績  理解出来  絶対  バイ  バイオ  審判理由補充書  レポート  レター  生産  責任  利益  間違  連絡  訳文  アドバイス  論理  論理構成力  論文  遺伝子工学  電気工学  最低限  組織  物質  特許的  技術的  翻訳言語  翻訳事務所  自動車  内部  プライド  事務  異議申立書  保持  鑑定  電池  コンテンツ  質問  部品  査定  半導体  専門知識  報告  安全  変動  有機  回路  分子  無機化学  徹底  特許公報  性質上  貸借対照表  安全性  通信  契約  車両一般  農業機械  運輸  建造物  性質  容器  審判理由補充  電子回路  電子  技術的内容  高分子化学  技術翻訳者  予備知識  事務機器  直接又  会社案内  包装  精密機械  機器  機械工学  機械工具  公報  特許関連  光学関連  光学系  光学装置  光学要素  光学部品  光学工作物  理由補充書  生活用品  生化学及  発光装置  コンピュータ  明細  土木建築  読者  外国特許出願用明細書  訴状  ワーク  材料加工機械  翻訳案件  組立機械  絶対的  一般機械  薬学  マニュアル  マーケティング  フロー  自転車  Web 

Change of Applicant of a Pending Patent Application

Q1. What are the documents necessary for changing the applicant of a pending Japanese application?

A1.  For recordal of a new applicant at the Japan Patent Office, we need an Assignment from the original applicant (assignor) to assign a part or whole of the right to obtain patent to the new applicant (assignee).  Specifically, the following documents must be filed with the Japan Patent Office:

   (1) An executed assignment simply signed by both parties (the assignor and the assignee), in which the full names and titles of the representatives of the assignor and the assignee should be clearly indicated.

   (2) A power of attorney executed by the assignee.

Neither notarization nor legalization of documents (1) and (2) are required.  These documents may be prepared at our end and forwarded for execution by the assignor and the assignee.

Q2. Does the Japan Patent Office issue an official certificate for the recordal of a new applicant?

A2.  No certificate is issued by the Japan Patent Office.  Recordal of a new applicant can be confirmed by checking the patent database.

Appeal against the Decision for Rejection

Q1. We understand that an Appeal can be filed against the Decision for Rejection.  What are the steps necessary for filing an Appeal?

A1.  Firstly, a Notice of Appeal, which is a formal document requesting the initiation of Appeal Proceedings, is filed by the deadline which is three months (for Applicants residing in Japan) or four months (for foreign Applicants) from the dispatch date of the Decision for Rejection. 

Further, any amendment  (if any) must be filed simultaneously with the filing of the Notice of Appeal.  (In the case of patent applications filed on or before March 31, 2007, divisional applications can be filed only simultaneously with the filing of the Notice of Appeal.  In the case of parent patent applications filed on or after April 1, 2007, divisional applications can be filed either before, simultaneously with or after the filing of the Notice of Appeal as long as it is before the expiration of the above-mentioned deadline for filing the Notice of Appeal.)  With respect to the amendment, please note that there is a restriction to the permissible claim amendments.  Please see section “Restriction to Permissible Claim Amendments after Final Rejection” for more details.

Next, any arguments, reference materials and/or experimental reports are filed as an Appeal Brief (i.e., Reasons for Appeal).  The Appeal Brief can be filed either simultaneously with the Notice of Appeal or after the filing of the Notice of Appeal.  When the Appeal Brief is not filed with the Notice of Appeal, the due date for filing the Appeal Brief will be set by the Japan Patent Office, and it is usually about 2 months from the filing date of the Notice of Appeal.

Q2. Is it possible to obtain any extension of deadline for filing the Notice of Appeal or the Appeal Brief?

A2.  No.  The deadlines for filing a Notice of Appeal and an Appeal Brief are non-extensible

Q3. Is it possible to submit new experimental data in the appeal stage?

A3.  Yes.  Any experimental data can be filed together with the Appeal Brief except that effectiveness of data may vary depending on the purpose of the data.

Submission of data for demonstrating novelty and/or inventive step of an invention over prior art is effective if the data itself is appropriate for this purpose; whereas data submitted at the appeal stage cannot compensate for the lack of enabling disclosure or lack of support in the specification, and such data are usually dismissed as late filed.

The Japanese patent system does not allow for applicants to establish the enabling disclosure requirement and/or supporting disclosure requirement through later-filed evidence. That is, these requirements must be satisfied by the patent application as filed, and later-filed data for making up the deficiency in this respect will not be admitted by the JPO.

Q4. Is there an opportunity to file additional amendments and/or divisional applications after the filing of the Notice of Appeal?

A4.  Concerning additional amendments after the filing of the Notice of Appeal, such additional amendments are admissible only when the applicant responds to a Notice of Rejection which may or may not be issued in the appeal stage.   That is, the applicant may not be given any opportunity to file an amendment after the filing of the Notice of Appeal.  Therefore, it is safer to consider that the time of filing of the Notice of Appeal is substantially the last chance to file amendments.

On the other hand, as mentioned in A1 above, in the case of patent applications filed on or after April 1, 2007, divisional applications may be filed even after the filing of the Notice of Appeal as long as it is before the expiration of the deadline for filing the Notice, i.e., three months (for Applicants residing in Japan) or four months (for foreign Applicants) from the dispatch date of the Decision for Rejection.

タグ:

application  or  be  patent  Japan  an  JPO  Patent  Japanese  not  filing  with  filed  Final  claim  Office  date  at  one  art  invention  after  any  Appeal  Notice  new  prior  applications  request  above  Rejection  epo  file  report  only  case  such  other  divisional  issue  may  months  will  system  more  under  specification  mentioned  all  non  must  We  necessary  amendment  Decision  through  there  A2  requirement  A1  applicant  step  against  so  amendments  ex  effective  about  possible  foreign  What  time  even  steps  re  parent  month  disclosure  end  residing  Q2  Q1  cannot  Applicant  April  before  Further  form  Applicants  issued  long  Therefore  out  simultaneously  either  Yes  Proceedings  do  permissible  year  Q3  does  A3  substantial  stage  usually  data  requirements  respect  formal  given  where  ep  obtain  later  Please  side  set  Claim  restriction  materials  material  reference  Brief  Q4  expiration  document  appeal  details  A4  Restriction  deadline  these  satisfied  her  per  pending  applicants  see  three  am  its  inventive  additional  addition  arguments  evidence  Permissible  his  March  extension  novelty  submitted  together  understand  Next  depending  require  ratio  appropriate  allow  There  lines  specific  Amendments  substantially  four  section  due  First  experimental  extensible  dispatch  day  Amendment  Concerning  amend  late  vary  making  self  up  itself  over  please  novel  purpose  support  submit  note  Reasons  Re  opportunity  low  With  fr  except  effect  establish  enabling  ed  invent  lack  An  Any  whereas  requesting  Firstly 


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作