Title

知財関連業務

タグ:

re  First  Re  ed 

PCT・諸外国の出願手続きの特徴

PCT及び主要国(米国、欧州、中国、韓国)における特許制度・手続きの主な特徴と問題など

photo

PCT国際出願並びに外国特許出願に関する主要国における特徴的な手続きや問題点などについて説明致します。特許に関する主要国というと、これまでは日・米・欧の三極、若しくはこれに韓国を加えた四極でしたが、近年、中国が知的財産の強化を国家戦略として掲げ、中国企業による出願が急増しており、上記の三極若しくは四極に完全に食い込んだ形となっております。2010年には、中国国内における特許出願件数はついに日本国国内における出願件数を抜き、さらにはその約7割が中国国内の企業などによる出願となっております。10年前には、中国国内における出願件数は日本の1割強程度であったことを考えると、誠に驚くべき勢いです。

従いまして、以下に米国、欧州、中国、韓国における特許出願について、特徴や注意事項などを挙げてておきたいと思います。
各国の特許制度の概要については、様々な資料が存在し、また弁理士や弁護士さえ知っていれば出願人は殆ど意識しなくても良い情報も多く存在しますので、ここでは出願人が各国の特徴を把握するために役に立つと思われる事項のみを選択して解説致します。

サンプル

タグ:

re  First  Re  ed 

基本理念・特徴

タグ:

re  First  Re  ed 

ニュース

2012/07/20
Prometheus最高裁判決に基づく特許適格性に関するガイドライン公表(USPTO)
2012/07/20
米国:USPTOが、最終的なAIA施行規則の一部を公表(1)
2012/07/20
米国:USPTOが、最終的なAIA施行規則の一部を公表(2)
2012/07/20
中国:日中PPH施行期間の延長
2012/07/20
PCT:基礎出願に基づく引用による補充
2012/06/22
“PPH MOTTAINAI”試行プログラム
2012/06/22
PCT出願に対する情報提供制度の開始
2012/06/21
米国:AFCP試行プログラム実施期間延長
2012/06/21
米国:AFCP及びQPSIDの施行期間の延長
2012/06/21
米国:AFCP、QPSIDの施行期間の更なる延長

< 戻る 123 次のニュース >

タグ:

or  date  at  new  all  ex  re  parent  ep  am  order  Next  how  previous  next  DE  way 


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作