Re

ホーム

外国特許出願明細書や外国代理人へ指示書類の質が高ければ、特許の質の向上のみならず、無駄な拒絶の回避や外国代理人費用の低減によりコスト削減も可能になります。

弊所のスタッフは、外国特許実務に精通し且つ英語力及び論理構成力に優れ、明細書の作成から拒絶に対する応答や係争関連の書類の作成まで全て自ら行います。

欧米の代理人も、弊所の実力を認めた上で弊所が作成した書類を実質的な変更をせずに提出します(英語の場合)。

このような業務形態は、審査が厳しく現地費用も高い米国や欧州において特に大きなメリットをもたらします。

出願のみならず係争事件においても非常に成功率が高く、お客様にご信頼をいただいております。

  • 35年以上の経験と実績(国際特許出願-PCT出願-を含む外国特許出願などに関連した実務に精通)
  • 諸外国出願(国際特許出願を含む外国特許出願など)に関してカバーする国は170ヶ国以上
  • 少数精鋭にて事務所全体としての能力を高いレベルに維持
  • スタッフ各々が海外特許実務のみならず特許英語のプロフェッショナル
  • 高度な英文書類(外国特許出願明細書の翻訳文や英文の意見書など)の作成による審査手続の効率化や外国代理人費用などの削減
  • 緊急の依頼対応可能

外国知財(特許、実用新案、商標、意匠など)のエキスパート 井上&アソシエイツの特徴

ご相談・お問合わせ

弊所は、35年以上知財関連実務及び翻訳に携わって参りました。
経験に裏付けられた高度な専門知識、 英語能力、論理構成力を駆使して主に国際特許・商標出願、外国特許・ 商標出願など知的財産関連書類の作成・翻訳を行います。
お見積など、何でもお気軽にご相談ください。

〒106-0032
東京都港区六本木5丁目13番6号
麻布CMSホームズ 302
(南北線 麻布十番 徒歩5分、日比谷線 六本木 徒歩13分)
⇒事務所案内ページへ

国際・外国知財(特許、実案、商標、意匠)が得意な事務所をお探しなら 井上&アソシエイツ電話番号:お問い合わせ

タグ:

特許  米国  PCT  出願  欧州  提出  明細書  費用  翻訳  審査  拒絶  商標  可能  弊所  英語  手続  意匠  特許出願  作成  実用新案  an  対応  メリット  外国  外国出願  変更  応答  特徴  翻訳文  意見書  art  非常  事件  レベル  出願明細書  30  コスト  関連  実質的  向上  www  書類  代理人  井上  以上  英文  知的財産  客様  事務所  海外  アソシエイツ  維持  知財  構成  but  回避  実務  経験  依頼  知識  外国特許出願  削減  re  現地  意見  能力  高度  ページ  スタッフ  成功  国際特許出願  指示  代理人費用  欧米  商標出願  特許出願明細書  効率化  プロ  inoue  相談  カバー  外国特許  国際特許  main  13  文書  係争  低減  全体  諸外国  実績  外国代理人  am  見積  実力  係争事件  業務  無駄  年以上  気軽  訳文  外国代理人費用  論理  代理  少数精鋭  信頼  外国特許実務  審査手続  vice  効率  論理構成力  act  精通  35  service  事務  目標  駆使  英語能力  専門知識  少数  成功率  外国特許出願明細書  国際  特許実務  徒歩  形態  CMS  302  02  知財関連  現地費用  特許英語  明細  裏付  国以上  東京都港区  東京都港区六本木  東京都  英語力  ホームズ  content 

sitemap.xml

タグ:

or  an  not  at  all  so  ex  re  parent  end  form  htm  index  where  ep  like  her  html  item  language  ml  english  site 

知財関連業務

タグ:

re  First  Re  ed 

PCT・諸外国の出願手続きの特徴

PCT及び主要国(米国、欧州、中国、韓国)における特許制度・手続きの主な特徴と問題など

photo

PCT国際出願並びに外国特許出願に関する主要国における特徴的な手続きや問題点などについて説明致します。特許に関する主要国というと、これまでは日・米・欧の三極、若しくはこれに韓国を加えた四極でしたが、近年、中国が知的財産の強化を国家戦略として掲げ、中国企業による出願が急増しており、上記の三極若しくは四極に完全に食い込んだ形となっております。2010年には、中国国内における特許出願件数はついに日本国国内における出願件数を抜き、さらにはその約7割が中国国内の企業などによる出願となっております。10年前には、中国国内における出願件数は日本の1割強程度であったことを考えると、誠に驚くべき勢いです。

従いまして、以下に米国、欧州、中国、韓国における特許出願について、特徴や注意事項などを挙げてておきたいと思います。
各国の特許制度の概要については、様々な資料が存在し、また弁理士や弁護士さえ知っていれば出願人は殆ど意識しなくても良い情報も多く存在しますので、ここでは出願人が各国の特徴を把握するために役に立つと思われる事項のみを選択して解説致します。

サンプル

タグ:

re  First  Re  ed 


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作