CCPIT

中国(3): 現地の特許事務所

以前は、中国の特許事務所は、CCPITという国営の特許事務所ひとつしかありませんでした。しかし、現在は自由化されており、更に中国の出願件数の増加に伴って、特許事務所の数も急増しております。

数年ほど前まで、例えば日本等の外国から中国に出願する際の誤訳が大きな問題となっておりました。しかし、自由化から久しく、厳しい特許事務所間の競争を生き残った事務所には信頼をおける事務所も増えてきているようです。弊所ではCCPITを含む5つの中国特許事務所と仕事をしておりますが、どの事務所も特に大きな問題を起こすこともなく誠実に仕事をこなしてくれています。


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作