特許庁

弊所の特徴

井上&アソシエイツにおける対策

課題1:出願明細書の質と出願コストのバランス

タグ:

特許  米国  出願  クレーム  発明  日本  欧州  記載  新規性  提出  必要  明細書  進歩性  上記  以下  費用  先行技術  審査  拒絶  パラメータ  弊所  可能  出願人  料金  比較  特許出願  開示  作成  範囲  実施例  要求  方法  日本出願  対応  要件  検討  選択  選択発明  特許庁  通常  考慮  メリット  外国  外国出願  使用  出願時  無効  技術  最初  公知  重要  実施  調査  権利化  以前  追加  サポート  結果  観点  特許事務所  コスト  出願明細書  状況  権利  現在  近年  向上  審査結果  関連  書類  課題  形式  種類  技術分野  分野  井上  権利行使  客様  特殊  事務所  案件  アソシエイツ  基本的  意図  提示  知財  達成  実施可能要件  事項  充分  範囲内  程度  外国特許出願  削減  用途発明  実務  段階  用語  保護  経験  減縮  比較例  回答  先行技術調査  審査段階  早期  回答書  チェック  成立  適切  スタッフ  プロセス  確実  担当  リスク  許容  基礎  中間  防止  列挙  特許成立  周知  外国特許  低減  将来  実施可能  予想  値下  優先  本出願  プロ  徹底的  用途  外国特許庁  不況  特許保護  プロダクト  行使  進歩  把握  豊富  想定  重視  支障  バイ  絶対  不適切  少数精鋭  外国出願用  経費  標準的  確信  ポイント  新規  担当者  許容範囲内  重要視  損失  無視  低下  一切  一切妥協  再度  徹底  少数  コストダウン  ツール  イニシャルコスト  経験者  知財戦略  外国特許出願案件  一時的  長期的  外国出願用明細書  事務  犠牲  特許出願案件  余計  先行 

課題2:中間処理(拒絶理由通知に対する応答など)の効率化とコスト低減

タグ:

特許  米国  PCT  出願  クレーム  発明  日本  欧州  提出  明細書  上記  以下  RCE  費用  翻訳  審査  拒絶  効果  弊所  可能  手続  特許出願  欧州特許  作成  日本出願  対応  請求  出来  制度  検討  特許庁  問題  明確  理由  外国  実際  外国出願  使用  出願時  拒絶理由  米国出願  各国  十分  action  理解  拒絶理由通知  権利化  final  特許事務所  コスト  出願明細書  状況  office  権利  詳細  欧州特許庁  許可  実質的  関連  書類  課題  通知  言語  審査請求  以上  増加  代理人  客様  事務所  答弁書  案件  英文  基本的  当然  不明確  翻訳者  構成  傾向  処理  評価  中間処理  勿論  外国特許出願  削減  実務  高額  経験  原因  回答  認識  国内  英文明細書  依頼  何度  回答書  タイ  状態  スタッフ  継続  現地  担当  自分  中間  現地代理人  成功  法律  継続審査請求  代理人費用  不明  外国特許  日本国内  継続審査  関与  効率的  外国代理人  本出願  係争  不十分  日本出願明細書  和文  無駄  外国特許庁  本人  疑問  代理  アドバイス  責任  バイ  現地代理人費用  外国出願用  効果的  経費  効率  最終  最終拒絶  和文明細書  開設  担当者  中途  回答書作成  圧倒的  全員  act  少数  教育  不足  事務  国内外代理人  日本国  理由書  検討不足 

課題3:外国代理人費用の抑制

米国(1): 先発明主義から先願主義への移行とグレースピリオド(発明公開後の出願猶予期間)

タグ:

特許  米国  PCT  出願  中国  クレーム  発明  日本  欧州  補正  新規性  提出  必要  上記  以下  韓国  米国特許  先行技術  or  審査  新規性喪失  可能  先願  英語  手続  出願人  例外  比較  移行  特許出願  国際出願  利用  開示  適用  主張  申請  an  日本出願  説明  可能性  規定  出来  制度  グレースピリオド  制限  filing  特許庁  優先権  存在  公開  特徴  後願  月以内  period  米国出願  同一  時期  at  発明者  date  先願主義  技術  最初  公知  期間  採用  引用  注意  one  art  10  実施  出願日  以前  例外規定  パリ  サポート  特許法  定義  優先権主張  改正  優先日  有効  指定  権利  grace  拡張  世界公知  猶予期間  file  関連  否定  書類  行為  条件  www  平成  言語  目的  影響  喪失  決定  開始  限定  施行  所謂  system  年以内  Inter  案件  以外  we  維持  優先権出願  原則的  特許権  手段  証明  日以降  under  先発明主義  処理  制約  Act  効力  同時  America  法改正  覧下  米国特許出願  特許制度  Invents  実務  発表  他人  Art  Prior  国内  12  effective  書面  ex  年間  後願排除  特許法第  今回  re  不可能  条約  国際出願日  直接  活用  旧法  効率化  注目  inventor  署名  日米  グレース  first  最先  最大  英語以外  遡及  主要  日以前  米国以外  year  index  所定  世界  万件  Hilmer  有効日  国際的  移行後  公然実施  実務上  自体  優先  複雑  ピリオド  inoue  ヒルマードクトリン  原則  本出願  期間内  起因  発揮  申請手続  米国外  不可  学会発表  公然  Leahy  証明書類  Doctrine  per  事由  廃止  新法  102  本人  先願主義移行  発明日  適用条件  第一国出願  以内  緩和  出願猶予期間  Smith  旧法下  猶予  公用  公開後  効率  日以後  改正特許法  国外  由来  第一国  優先権主張日  先発明  back  ratio  新規  改正法  特許庁長官  特許実務  主義  以降  ルート  ミス  再度  公益  公開公報  ドクトリン  発明公開後  規定自体  米国出願日  移行前  self  de  改正後  Interference  排除  effect  国際  米国移行  補正前  02  オバマ  リン  大統領  学術団体  後願排除目的  backlog  学会  swear  調和  共同発明者  先願主義移行後  invent  法案  公報  公布  獲得  該発明  発明者本人  未処理案件  直結  先行  例外的  以後 


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作