特許公報

各国における先行技術の定義と新規性喪失の例外(Part 2)

[II] 主要国(日本、米国、欧州、中国、韓国)における先行技術の定義と新規性喪失の例外規定適用条件の比較

 

(II-1)先行技術の定義: 国内公知 or 世界公知

国内における公知、公然の実施や文献の公開が先行技術となることを一般的に「国内公知」と称し、外国における公知、公然の実施や文献の公開も先行技術に含めることを一般的に「世界公知」と称します。

日本、欧州、中国、韓国:
出願の時を基準にした、世界公知の公知公用技術および世界公知の文献公知技術を採用する。[中国は、以前は、国内公知を採用していたが、2009年10月1日に施行された新中国専利法により、現在は、日本などと同様に世界公知を採用している(中国専利法第22条)。]

米国:
米国は、上記した通り、現行の先発明主義下では、国内公知の公知公用技術および世界公知の文献公知技術を採用しているが、先願主義移行(2013年3月16日)の後は、公知公用技術は世界公知に変更される予定。

また先行技術となる特許文献については、世界公知の文献公知技術であるが、先願主義移行(2013年3月16日)の後は、後願排除効の有効出願日(先願としての効力を発揮する出願日)が変更される予定。即ち、上記した通り、米国外の出願に基づく優先権を主張した出願の場合の後願排除効の有効出願日は、現在の先発明主義下では米国における出願日であるが、先願主義移行後は最先の第一国出願日まで遡及することとなる。

準公知(拡大先願):
日本、米国、欧州、中国及び韓国のいずれの国においても、準公知(出願時に未公開の先願)によっても新規性は否定される。 (詳細については、「出願時に公開されていなかった先願に対する新規性(拡大先願、準公知)と進歩性(非自明性)」 の項目をご覧下さい。)

(II-2)新規性喪失の例外規定:

現時点(2012年4月現在)での各国における新規性喪失の例外規定の適用条件などを以下の表に示します。尚、米国は以前より、他国にも猶予期間(グレースピリオド)を米国と同様の1年にするよう要求しており、これに応じる形で変更する国が出てくる可能性があります。実際に、韓国において、米韓自由貿易協定(FTA)批准同意と同時に特許法が改正され、従来6ヶ月であった猶予期間が、2012年3月15日の米韓FTA発効と同時に、12ヶ月(1年)に変更されました。猶予期間が、12ヶ月である国としては、他にインドやブラジルがあります。

新規性喪失例外規定の有無 例外規定の対象となる公開手段(発明者自らの行為によるもの) 猶予期間
(グレースピリオド)
猶予期間内に行うべき出願 申請手続き
日本 有り1) 制限なし(2012年4月1日施行新法により制限が事実上撤廃された2) 6ヶ月 日本出願又は日本を指定したPCT出願 出願時に申請書類、出願後30日以内に証拠書類
米国 有り1) 制限なし 12ヶ月
(1年)
現時点では、米国出願又は米国を指定したPCT出願のみだが、優先権出願でも良くなる予定5) 不要
欧州 有り1) 万博での展示など極めて限られた例に制限されている3) 6ヶ月 EP出願又はEPを指定したPCT出願 出願時に申請書類、出願後4ヶ月以内に証拠書類
中国 有り1) 中国政府が主催する又は認める国際展示会における展示などに制限されている4) 6ヶ月 中国出願、中国を指定したPCT出願又は優先権出願6) 出願時に申請書類、出願後2ヶ月以内に証拠書類
韓国 有り1) 制限なし 12ヶ月
(1年)
韓国出願又は韓国を指定したPCT出願 出願時に申請書類、出願後30日以内に証拠書類

注:1) いずれの国においても、本人の意に反して他人が発表した場合には、発表の手段によらず新規性喪失の例外規定の適用が可能です。

2) 旧日本特許法30条では、新規性喪失の例外規定が適用される公開手段は、①試験、②刊行物に発表、③電気通信回線を通じた発表、④長官指定の学術団体が開催する研究集会で文書をもって発表、⑤所定の博覧会への出品に制限されていた。平成23年6月8日に公布された改正特許法(平成24年4月1日施行)においては、「特許を受ける権利を有する者の行為に起因して」発明が公知となったのであれば、特に公知にした手段は問われないこととなる。よって、現行法によれば、集会/セミナー等の、特許庁長官が指定ではない学会で公開された発明、テレビ/ラジオ等で公開された発明、販売によって公開された発明も、新規性喪失の例外規定の対象となる。

3) Article 55(1)(b) EPCによれば、新規性喪失の例外規定の適用を受けられる公開手段は、公のまたは公に認められた国際博覧会における出願人またはその法律上の前権利者によって発明が開示された場合。ここでの「公に認められた国際博覧会」とは所謂「万博」であり、例えば、2010年は上海万博のみ。

4) 中国専利法第24条によれば、新規性喪失の例外規定の適用を受けられる公開手段は、①中国政府が主催、または承認した国際展示会での展示、②定められた学術会議あるいは技術会議での発表。

5) 現行の先発明主義下では、公知なったのが米国での出願日前1年以内であることが要求されているが、先願主義移行(2013年3月16日)後は最先の出願日(外国出願日でも良い)から遡って1年以内ということに変更される予定。

6) 専利審査指南、第一部分、第一章、6.3項に、公知になったのが中国での出願日のみならず優先日から遡って6ヶ月以内であれば新規性喪失の例外規定の適用を受けることが可能であることが規定されている。

タグ:

特許  米国  PCT  中国  出願  発明  日本  欧州  新規性  進歩性  韓国  上記  以下  審査  新規性喪失  or  先行技術  先願  商標  可能  EPC  例外  手続  出願人  意匠  移行  特許出願  比較  主張  開示  適用  申請  実用新案  日本出願  要求  対象  an  説明  グレースピリオド  可能性  拡大先願  優先権  制限  特許庁  外国  規定  同様  外国出願  公開  変更  延長  出願時  実際  後願  AIA  米国出願  月以内  期間  発明者  公知  EP  文献  各国  先願主義  at  技術  登録  基準  特許法  採用  出願日  実施  指定  改正  証拠  以前  一般的  非自明性  有効  優先日  例外規定  権利  不要  世界公知  現在  中国出願  定義  詳細  猶予期間  拡大  行為  複数  否定  日本特許庁  www  書類  参照  喪失  施行  出願後  II  平成  年以内  自明性  条件  インド  所謂  自明  手段  優先権出願  法改正  同時  日以降  従来  準公知  項目  Article  先発明主義  覧下  効力  Act  国内  Invents  台湾  America  他人  go  部分  Art  発表  他国  商標登録  条約  so  一部  12  jpo  後願排除  re  特許法第  現行  韓国出願  販売  一般  法律  公知技術  主要国  未公開  htm  申請書類  優先  24  グレース  最先  出品  有無  国内公知  発効  ブラジル  新規性喪失例外  遡及  展示  先発明主義下  申請書  中国専利法第  日以内  承認  刊行物  22  移行後  世界  主要  所定  法律上  有効出願日  博覧会  本人  本出願  期間内  文書  掲載  ピリオド  中国政府  米国外  起因  発揮  申請手続  第一国出願  同意  専利審査指南  国際展示会  主催  国際博覧会  月現在  新法  公開手段  公然  日本特許  展示会  進歩  per  撤廃  協定  先発明  猶予  先願主義移行  参加  非自明  適用条件  公知公用  前権利者  order  事実  中国及  国外  以内  出願日前  公用  上海万博  万博  第一国  改正特許法  開催  adding  証拠書類  FTA  以降  公知公用技術  特許文献  米国出願又  米国新法  cells  主義  米韓自由貿易協定  FTA  able  テレビ  専利法第  専利法  権利者  up  文献公知技術  over  日本出願又  学術会議  外国出願日  国際  特許公報  特許庁長官  改正後  後願排除効  通信  新規性喪失例外規定  新規  学会  新中国専利法  学術団体  専利  電気通信回線  排除  技術会議  研究  第一章  第一部分  機関  中国専利法  猶予期間内  公報  公布  現行法  先行  先願主義移行後  出願又  日施行  日本特許法  low  shiryou 

リンク集

各国特許庁

サーチ関連(国内)

サーチ関連(海外)

知的財産権に関する条文(日本)

知的財産権に関する条文(外国)

その他

相互リンク

その他相互リンク

 かんたん相互リンクに参加しています。

タグ:

特許  米国  PCT  中国  出願  発明  日本  欧州  EPO  米国特許  翻訳  審査  or  patent  商標  可能  手続  意匠  特許出願  欧州特許  USPTO  データ  作成  Japan  実用新案  方法  an  説明  Patent  制度  特許庁  外国  not  情報  特許審査  Office  action  EP  各国  at  ヨーロッパ  art  rce  特許法  調査  提供  アメリカ  特許事務所  情報提供  search  office  判決  概要  MPEP  状況  epc  欧州特許庁  詳細  epo  判例  関連  日本特許庁  www  ガイドライン  種類  Inter  II  英文  サーチ  pace  IP  知的財産  インド  事務所  European  中国特許  we  海外  method  under  III  確認  law  医薬  We  国内  保護  go  独立  欧州特許出願  米国特許法  patents  タイ  経験  特許翻訳  条約  so  jpo  ex  米国特許商標庁  知識  弁理士  practice  サイト  re  ライン  知的財産権  オーストラリア  会社  legal  Design  カナダ  無料  uspto  htm  関係  経過  ページ  first  翻訳会社  United  データベース  ホームページ  Search  cgi  ii  WIPO  do  個別  裁判所  States  模倣  index  data  inoue  ep  Intellectual  european  パテント  リンク  相談  世界  structure  Property  検索  Department  main  対策  article  和文  条文  相互  日本特許  per  html  am  sea  its  太陽  ベース  参加  価格  ku  出願手続  gov  長年  気軽  iii  紹介  url  link  tokkyo  センター  web  商標法  Patents  ratio  著作権  mpep  裁判  act  part  lines  意匠法  所有  事務  中国国家知識産権局  便利  courts  社団法人  先進国  経過情報  相談下  IPC  China  Trademark  Trade  ウェブ  デザイン  Organization  各国特許庁  収集  up  国際  特許出願手続  texts  hanrei  特許公報  利便性  大学作成  大学  運営  審査状況  審査経過  電子  医薬翻訳  知的財産権判決速報  世界知的所有権機関  中国商標  機関  公報  特許庁特許電子図書館  特許商標庁  共同  コーネル  シンガポール  エンジン  特許意匠商標庁  日本国  リン  ノウハウ  oa  Singapore  State  Re  offices  low  World  mm  ml  Web  Unit  Korea  quick  recent  JAPAN  red  pc  Ministry  fr  fips  ed  find  ip  try  AIPPI  Commerce  sonota  Australia  structured  DE  shiryou  General 

翻訳言語・分野

翻訳言語

日本語→英語

英語→日本語

英文和訳の質に関しては勿論のこと、英訳に関しても、海外の顧客や弁護士・弁理士の方々より正確であり且つ非常に分かり易いと高く評価して頂いています。少なくとも組織全体で安定して、弊所と同等の質の英訳サービスを提供できる翻訳会社・翻訳事務所は、日本には他に存在しないと考えています。

翻訳分野

文書の種類

- 特許関連文書 [特許明細書(直接又はPCT経由で外国特許出願するための明細書)、特許公報、手続き補正書、意見書、答弁書、実験成績報告書、宣誓書、拒絶理由通知、拒絶査定、特許査定、異議申立書、審判理由補充書、鑑定書、侵害・無効訴訟の訴状や準備書面等]

- 法務資料 (法律文献)

- 契約書(特許実施許諾契約書、秘密保持契約書、雇用契約書等)

- 医薬関連資料 (医学論文、試験報告書、製造管理資料等)

- マニュアル(機械、自動車、コンピュータ、電子器機等)

- MSDS(Material Safety Data Sheet, 化学物質安全性データシート)

- ISO関連(ISO 9001、ISO 14001、ISO 13485など

- 仕様書(自動車、エネルギー、医療機器、情報通信等)

- IR資料 (営業報告書、年次報告等)

- 広報資料(ニュースレター、プレスリリース、会社案内等)

- 社会的責任報告書 (CSRレポート) 

- 社内資料 (内部監査資料、就業規則等)

- 金融関連資料 (証券、銀行等)

- レター(海外顧客、弁護士、弁理士などとの連絡)類

- サステナビリティーレポート(持続可能性報告書)

- 会計資料(領収書・レシートや請求書等)

- 財務資料(貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュ・フロー計算書(C/S)、株主資本等変動計算書(S/S)を含む各種財務諸表等)

- 環境報告書

- Webコンテンツ

- マーケティング用資料

尚、外国特許出願用明細書(PCT出願明細書を含む)の英訳文作成などのいわゆる特許翻訳の場合、単なる翻訳に留まらず、技術的及び特許的な観点からのアドバイスも致します。

専門技術分野

有機・無機化学、高分子化学、薬学、バイオテクノロジー(生化学及び遺伝子工学を含む)、電気工学(電池、電子回路、半導体など)、機械工学(材料加工機械、精密機械、事務機器、生産・組立機械、一般機械、農業機械、機械工具、運輸、車両一般、自転車、生活用品、包装・容器、土木建築、建造物など)、光学関連(光学要素、光学系、光学装置、光学部品、光学工作物、発光装置など)、IT 関連(ハードウェア、ソフトウェア、セキュリティ、通信・ネットワーク、プログラミングなど)

 

*もちろん、全ての分野に関して、博士号、又は修士、学士の取得者レベルの専門家がいるという訳では有りませんが、弊所では様々な技術分野における翻訳の実績があり、基本的に殆どどの様な技術分野に関する文書でも、優れた翻訳サービスをご提供することができます。それが本当のプロの技術翻訳者に要求される能力であると考えます。たとえ、案件の性質上、時間をかけると利益が薄くなってしまうような場合であっても決して手を抜くことはございません。

弊所の翻訳者は、どのような技術分野に関する翻訳であっても、技術的内容を理解せずに翻訳するということは絶対に致しません。(弊所での翻訳案件の多くが、技術の絶対的理解を要する特許出願明細書の翻訳であるということにも起因します。)

しかし、技術的な予備知識は最低限あれば良く、より重要なのは、原文の意図を間違いなく読み取る洞察力・観察力・理解力、不明な点を明らかにする調査能力・質問能力、そして得られた理解に基づいて、第三者が客観的に容易に理解出来る翻訳文章を作成するための論理構成力・表現力であると考えています。

むしろ専門知識が有りすぎると、無意識に読者も同様の知識を有していることを前提としてしまいがちなので、少し調べれば技術内容が理解出来るという程度が、第三者が読んで分かり易い文章を書くには有利であるとも考えられます。それは、もちろん翻訳者がプライドを持って、徹底理解のもとに翻訳を行うということが前提になりますが・・・

タグ:

特許  PCT  出願  日本  補正  明細書  翻訳  拒絶  可能  弊所  英語  手続  特許出願  データ  作成  異議申立  要求  an  可能性  請求  出来  外国  同様  情報  理由  存在  日本語  拒絶理由  翻訳文  無効  文献  規則  at  意見書  技術  第三者  容易  拒絶理由通知  非常  特許査定  原文  宣誓書  重要  実験  調査  実施  レベル  補充  提供  内容  理解  出願明細書  観点  通知  製造  表現  言語  関連  英訳文  種類  英訳  異議  分野  技術分野  英文  侵害  答弁書  取得  訴訟  要素  事務所  基本的  鑑定書  案件  経由  海外  意図  翻訳者  構成  時間  評価  医薬  拒絶査定  We  勿論  サービス  専門家  程度  審判  エネルギー  特許翻訳  書面  医療  知識  弁理士  外国特許出願  活用  有利  正確  ISO  補正書  異議申  特許明細書  会社  直接  一般  文章  法律  装置  前提  意見  能力  機械  翻訳会社  無効訴訟  不明  管理  宣誓  弁護士  同等  客観的  特許出願明細書  申立  プロ  資料  化学  ニュース  バイオテクノロジー  外国特許  技術翻訳  技術内容  和訳  準備  顧客  文書  起因  全体  意識  安定  本当  医療機器  実績  理解出来  絶対  バイ  バイオ  審判理由補充書  レポート  レター  生産  責任  利益  間違  連絡  訳文  アドバイス  論理  論理構成力  論文  遺伝子工学  電気工学  最低限  組織  物質  特許的  技術的  翻訳言語  翻訳事務所  自動車  内部  プライド  事務  異議申立書  保持  鑑定  電池  コンテンツ  質問  部品  査定  半導体  専門知識  報告  安全  変動  有機  回路  分子  無機化学  徹底  特許公報  性質上  貸借対照表  安全性  通信  契約  車両一般  農業機械  運輸  建造物  性質  容器  審判理由補充  電子回路  電子  技術的内容  高分子化学  技術翻訳者  予備知識  事務機器  直接又  会社案内  包装  精密機械  機器  機械工学  機械工具  公報  特許関連  光学関連  光学系  光学装置  光学要素  光学部品  光学工作物  理由補充書  生活用品  生化学及  発光装置  コンピュータ  明細  土木建築  読者  外国特許出願用明細書  訴状  ワーク  材料加工機械  翻訳案件  組立機械  絶対的  一般機械  薬学  マニュアル  マーケティング  フロー  自転車  Web 

米国:USPTOが、最終的なAIA施行規則の一部を公表(1)

において、2012年9月16日から施行される予定となっている第三者による発行前情報提供制度、及び包袋書類に含まれる特許権者の意見の引用に関して最終的な施行規則を公表しました。

第三者による情報提供

2012年7月17日、USPTOは、第三者による発行前情報提供制度(Preissuance Submissions by Third Parties)に関する最終的なAIA施行規則を公表しました。
http://www.uspto.gov/aia_implementation/120707-preissuance_submission_fr.pdf 

このAIAによる情報提供制度においては、特許出願の審査期間中に特許公報及びその他の刊行物をUSPTOに提出することができます。

AIA以前にも第三者による情報提供制度は存在しましたが、非常に大きな制約がありました。今回のAIAにより、第三者が、USPTOに係属中の出願に関して先行技術文献などを提出して考慮させる機会が大幅に広がります。情報提供の際には、文献と共にその文献と出願との関連性を簡潔に説明することが要求されます。提出された文献が新たな規則37 CFR 1.290の規定に沿うものと判断されると、審査官に考慮されます。

この情報規則制度は、2012年9月16日から施行され、この日以前の出願にも適用されます。

再審査などの手続きにおいて包袋に含まれる特許権者の意見を引用可能とすることについて

2012年8月6日、USPTOは、再審査などの手続きにおける、包袋書類に含まれる特許権者の意見の引用に関する最終的なAIA施行規則を公表しました。
http://www.uspto.gov/aia_implementation/citation_of_prior_art_fr.pdf 

新たな規則は37 CFR 1.501(a) (2)に定められています。

出願包袋に含まれる書類の内、再審査などの手続きで引用できるのは、従来は、特許公報及び刊行物に限定されていましたが、AIAにより、特許権者が、クレームの範囲に関して連邦裁判所または特許商標庁に提出した意見も引用できることとなりました。

具体的には、査定系再審査(ex parte reexamination)、当事者系レビュー(inter partes review)及び付与後異議申立(post grant review proceedings)などにおいて引用することができる包袋書類に、特許権者が、クレームの範囲に関して連邦裁判所または特許商標庁に提出した意見も含まれることになりました。 

 

2012年9月16日から施行される、その他のAIA規定についての最終的な施行規則については、2012年8月14日に公表される予定です。

`+]

お見積もり依頼

翻訳に関するお見積もりをご希望の場合、こちらにお名前、e-mailアドレスをご記入の上、「お問い合わせ内容」の欄に、以下の事項を記載してご送信下さい。

(1) 翻訳の言語(日本語→英語、英語→日本語)

(2) 分野(例:外国特許出願用明細書、特許公報、論文、ビジネスレター、契約書、マニュアル、ホームページ)

(3) 文章量*(日本語の文字数、英語のワード数など)

(4) ご希望の納期

お問い合わせから24時間以内(土日・祝日を除く)にお見積もりをお送りいたします。

注: 
 原稿をお送り頂ければより正確なお見積もりが可能です。従いまして、差し支え無い場合は、文章量を記載する代わりに原稿を送付する旨を記載して頂けましたら、直ちに弊所からメールを返信致しますので、それに対する返信に原稿を添付してお送り頂けますと幸いです。
 公開済みのPCT出願明細書の翻訳作成などの場合は、公開番号のみ記載してお知らせ下されば結構です。また、インターネット上に公開されている文書の場合は、URLを教えていただければ結構です。


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作