無機化学

特許の主要取扱い技術分野

有機・無機化学、高分子化学、薬学、バイオテクノロジー(生化学及び遺伝子工学を含む)、電気工学(電池、電子回路、半導体など)、医療機器、機械工学(材料加工機械、精密機械、事務機器、生産・組立機械、一般機械、農業機械、機械工具、運輸、車両一般、自転車、生活用品、包装・容器、土木建築、建造物など)、メカトロニクス、光学関連(光学要素、光学系、光学装置、光学部品、光学工作物、発光装置など)などを含む広範な技術分野をカバーします。

特に化学・薬学分野、医療機器分野、バイオテクノロジー分野、電気分野における経験が豊富です。

翻訳言語・分野

翻訳言語

日本語→英語

英語→日本語

英文和訳の質に関しては勿論のこと、英訳に関しても、海外の顧客や弁護士・弁理士の方々より正確であり且つ非常に分かり易いと高く評価して頂いています。少なくとも組織全体で安定して、弊所と同等の質の英訳サービスを提供できる翻訳会社・翻訳事務所は、日本には他に存在しないと考えています。

翻訳分野

文書の種類

- 特許関連文書 [特許明細書(直接又はPCT経由で外国特許出願するための明細書)、特許公報、手続き補正書、意見書、答弁書、実験成績報告書、宣誓書、拒絶理由通知、拒絶査定、特許査定、異議申立書、審判理由補充書、鑑定書、侵害・無効訴訟の訴状や準備書面等]

- 法務資料 (法律文献)

- 契約書(特許実施許諾契約書、秘密保持契約書、雇用契約書等)

- 医薬関連資料 (医学論文、試験報告書、製造管理資料等)

- マニュアル(機械、自動車、コンピュータ、電子器機等)

- MSDS(Material Safety Data Sheet, 化学物質安全性データシート)

- ISO関連(ISO 9001、ISO 14001、ISO 13485など

- 仕様書(自動車、エネルギー、医療機器、情報通信等)

- IR資料 (営業報告書、年次報告等)

- 広報資料(ニュースレター、プレスリリース、会社案内等)

- 社会的責任報告書 (CSRレポート) 

- 社内資料 (内部監査資料、就業規則等)

- 金融関連資料 (証券、銀行等)

- レター(海外顧客、弁護士、弁理士などとの連絡)類

- サステナビリティーレポート(持続可能性報告書)

- 会計資料(領収書・レシートや請求書等)

- 財務資料(貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュ・フロー計算書(C/S)、株主資本等変動計算書(S/S)を含む各種財務諸表等)

- 環境報告書

- Webコンテンツ

- マーケティング用資料

尚、外国特許出願用明細書(PCT出願明細書を含む)の英訳文作成などのいわゆる特許翻訳の場合、単なる翻訳に留まらず、技術的及び特許的な観点からのアドバイスも致します。

専門技術分野

有機・無機化学、高分子化学、薬学、バイオテクノロジー(生化学及び遺伝子工学を含む)、電気工学(電池、電子回路、半導体など)、機械工学(材料加工機械、精密機械、事務機器、生産・組立機械、一般機械、農業機械、機械工具、運輸、車両一般、自転車、生活用品、包装・容器、土木建築、建造物など)、光学関連(光学要素、光学系、光学装置、光学部品、光学工作物、発光装置など)、IT 関連(ハードウェア、ソフトウェア、セキュリティ、通信・ネットワーク、プログラミングなど)

 

*もちろん、全ての分野に関して、博士号、又は修士、学士の取得者レベルの専門家がいるという訳では有りませんが、弊所では様々な技術分野における翻訳の実績があり、基本的に殆どどの様な技術分野に関する文書でも、優れた翻訳サービスをご提供することができます。それが本当のプロの技術翻訳者に要求される能力であると考えます。たとえ、案件の性質上、時間をかけると利益が薄くなってしまうような場合であっても決して手を抜くことはございません。

弊所の翻訳者は、どのような技術分野に関する翻訳であっても、技術的内容を理解せずに翻訳するということは絶対に致しません。(弊所での翻訳案件の多くが、技術の絶対的理解を要する特許出願明細書の翻訳であるということにも起因します。)

しかし、技術的な予備知識は最低限あれば良く、より重要なのは、原文の意図を間違いなく読み取る洞察力・観察力・理解力、不明な点を明らかにする調査能力・質問能力、そして得られた理解に基づいて、第三者が客観的に容易に理解出来る翻訳文章を作成するための論理構成力・表現力であると考えています。

むしろ専門知識が有りすぎると、無意識に読者も同様の知識を有していることを前提としてしまいがちなので、少し調べれば技術内容が理解出来るという程度が、第三者が読んで分かり易い文章を書くには有利であるとも考えられます。それは、もちろん翻訳者がプライドを持って、徹底理解のもとに翻訳を行うということが前提になりますが・・・

タグ:

特許  PCT  出願  日本  補正  明細書  翻訳  拒絶  可能  弊所  英語  手続  特許出願  データ  作成  異議申立  要求  an  可能性  請求  出来  外国  同様  情報  理由  存在  日本語  拒絶理由  翻訳文  無効  文献  規則  at  意見書  技術  第三者  容易  拒絶理由通知  非常  特許査定  原文  宣誓書  重要  実験  調査  実施  レベル  補充  提供  内容  理解  出願明細書  観点  通知  製造  表現  言語  関連  英訳文  種類  英訳  異議  分野  技術分野  英文  侵害  答弁書  取得  訴訟  要素  事務所  基本的  鑑定書  案件  経由  海外  意図  翻訳者  構成  時間  評価  医薬  拒絶査定  We  勿論  サービス  専門家  程度  審判  エネルギー  特許翻訳  書面  医療  知識  弁理士  外国特許出願  活用  有利  正確  ISO  補正書  異議申  特許明細書  会社  直接  一般  文章  法律  装置  前提  意見  能力  機械  翻訳会社  無効訴訟  不明  管理  宣誓  弁護士  同等  客観的  特許出願明細書  申立  プロ  資料  化学  ニュース  バイオテクノロジー  外国特許  技術翻訳  技術内容  和訳  準備  顧客  文書  起因  全体  意識  安定  本当  医療機器  実績  理解出来  絶対  バイ  バイオ  審判理由補充書  レポート  レター  生産  責任  利益  間違  連絡  訳文  アドバイス  論理  論理構成力  論文  遺伝子工学  電気工学  最低限  組織  物質  特許的  技術的  翻訳言語  翻訳事務所  自動車  内部  プライド  事務  異議申立書  保持  鑑定  電池  コンテンツ  質問  部品  査定  半導体  専門知識  報告  安全  変動  有機  回路  分子  無機化学  徹底  特許公報  性質上  貸借対照表  安全性  通信  契約  車両一般  農業機械  運輸  建造物  性質  容器  審判理由補充  電子回路  電子  技術的内容  高分子化学  技術翻訳者  予備知識  事務機器  直接又  会社案内  包装  精密機械  機器  機械工学  機械工具  公報  特許関連  光学関連  光学系  光学装置  光学要素  光学部品  光学工作物  理由補充書  生活用品  生化学及  発光装置  コンピュータ  明細  土木建築  読者  外国特許出願用明細書  訴状  ワーク  材料加工機械  翻訳案件  組立機械  絶対的  一般機械  薬学  マニュアル  マーケティング  フロー  自転車  Web 

翻訳の質:レベル3(高品質)

レベル3の「十分な技術理解に基づき、原文と同等以上に容易に正確な理解が可能な翻訳文となっている」ですが、一般には、このレベル3の翻訳が可能な翻訳者は、多くはいないと思います。しかし、弊所は、常にこのレベルの翻訳を提供することを心掛け、また現実に達成出来ていると考えています。

弊所の所員は、殆どが、弊所での実務経験が10年以上のベテランですが、自ら行った翻訳に関して、翻訳が原文に記載された技術内容を適切な用語を用いて、原文と矛盾することなく正しく翻訳されているかのみならず、第三者が読んだ際に容易に正しい理解が可能かという点を徹底的に追求し、この目的を達成するためには一切妥協しません。

技術翻訳・特許翻訳に、高い英語能力が要求されることは言うまでもありませんが、弊所では、技術内容の理解並びにロジックと客観性を大切にします。

技術内容の理解

弊所の翻訳者は、例え専門外の技術分野の翻訳であっても、技術的内容を理解せずに翻訳することは許されません。チェッカーは、原稿をチェックする前に、翻訳者が技術内容を理解しているかどうかを説明させて確認します。チェッカー自身がその技術分野に疎くても、そのチェッカーに理解できるように説明させます。

学術論文を書く学者や特許の発明者とは違い、翻訳を適切に行うために要求される技術的知識はそれ程高度なものでなくても良いはずです。殆どの場合、大学受験レベル+α程度で十分です。従って、弊所では、翻訳者に、専門以外の技術分野であっても、翻訳に必要な最低限の的知識は身につけることを要求します。

そういった事情で、弊所の翻訳者は、弊所に入りたての頃は、相当苦労し、翻訳に時間もかかってしまいますが、数年間、弊所での実務をこなした後では、有機・無機化学、遺伝子工学を含む生物学、医薬、機械、電気・電子、ITなど広範な技術分野の基礎的な知識を身につけ、どのような分野の技術文献であっても、比較的容易に技術内容を把握できるようになります。

ロジックと客観性

たとえ知識があっても、読み手が確実に正しく理解することができないような文章を書いては意味がありません。弊所の翻訳者は、自らの翻訳文であっても客観的な視点で、再検討及び修正できるよう訓練されており、チェッカーもこの点を厳しく評価します。

このような弊所の取り組みは、レベル2で説明した事例からもお分かり頂けるものと思います。

纏め

特許翻訳に代表される技術翻訳は、結局はシステム化(IT技術の応用や特殊なチェック体制の構築などを含む)による品質向上には限界が有り、個人の技能に頼らざるを得ないとことが多分に有ります。弊所は、高い技能を有する翻訳者同士が、常に相互に情報や技術を交換することにより、お互いの能力を高めています。


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作