検討不足

課題2:中間処理(拒絶理由通知に対する応答など)の効率化とコスト低減

弊所は、他の特許事務所で出願した案件が難しい状況に陥ってから中途で引き受けたことが何度か有りますが、これまで全て成功に導いております。即ち、そのような案件は全て先任の国内外代理人の検討不足によるものであったということになりますが、外国特許出願の場合には、責任の所在が不明確になり、検討不足の状態が生じ易いということがあると思います。その原因として以下のようなことが考えられます。

(1)外国出願の日本国内特許事務所における扱いに関しては、言語と法律の違いにより、翻訳者が外国出願用英文明細書を作成し、その後の対応は外国代理人に一任に近い形になる。即ち、日本出願明細書(若しくはPCT出願和文明細書)を作成した本人は、外国出願で使用する英文明細書の作成にも、その後の中間処理においても余り関与しない。

(2)外国代理人は、自ら明細書を作成したわけではないので、発明の理解が不十分であり且つ権利化に対する責任感が希薄になる傾向がある。

無駄に審査が長引けば、当然、経費が増加します。また、難しい状況になって米国や欧州の代理人の助言を仰いだり、詳細な検討を依頼したりすると高額な請求が来てコストが大きく膨らんでしまうということもあります。

課題2に対する弊所の対応

弊所の外国出願担当者は、上で述べたように、明細書の作成は勿論、米国・欧州特許庁の拒絶に対する回答書や外国での係争における理由書・答弁書などの作成も基本的に自ら行いますので、上記のような問題は起りません。

外国出願であっても、成功するか否かは我々の責任であるという認識を常に持って対応します。

弊所が中途で引き受けた案件には、最終拒絶理由通知(final office action)と継続審査請求(RCE)を繰り返して国内外代理人がお手上げの状況になった米国出願なども有りましたが、弊所で引き継ぎ後1又は2回の回答で許可を得ています。そのような案件の場合、出願時から弊所に任せて頂いていれば権利化までの経費は半額以下で済んだはずであると思います。

『法律も実務も異なる外国出願の中間処理を日本の代理人が処理できるのか?』と疑問を抱かれるかも知れませんが、弊所は開設時から、上記の様な実務を行っており、スタッフは全員厳しく教育され、外国案件も自分でこなせるようになった少数の者のみで構成されています。従って、外国特許関連手続については圧倒的な経験値を有しており、各国の制度や実務に準じたアドバイスや対応が可能です。実際に、外国特許庁へ提出する書類も実質的に弊所で完成させてしまうというスタイルについては、お客様より評価を頂いたことはあっても、クレームを受けたようなことは皆無です。

以上の通り、弊所では明細書を作成した担当者自らが回答書作成も行うため、十分な発明理解に基づいた効果的・効率的な対応が可能であり、現地代理人費用も削減することが出来ます。

タグ:

特許  米国  PCT  出願  クレーム  発明  日本  欧州  提出  明細書  RCE  費用  上記  以下  翻訳  審査  効果  拒絶  可能  弊所  手続  特許出願  欧州特許  作成  日本出願  対応  請求  制度  出来  検討  特許庁  外国  外国出願  理由  出願時  問題  明確  実際  拒絶理由  使用  米国出願  action  各国  拒絶理由通知  final  十分  権利化  理解  特許事務所  出願明細書  権利  office  審査請求  通知  状況  欧州特許庁  許可  詳細  コスト  言語  関連  実質的  書類  課題  代理人  増加  以上  英文  答弁書  客様  事務所  基本的  案件  当然  翻訳者  不明確  構成  傾向  評価  中間処理  処理  勿論  国内  高額  回答  実務  タイ  経験  原因  継続  英文明細書  何度  依頼  外国特許出願  削減  認識  状態  現地代理人  回答書  自分  中間  担当  法律  現地  スタッフ  成功  継続審査  代理人費用  不明  継続審査請求  日本国内  関与  効率的  外国特許  日本出願明細書  本人  本出願  係争  和文  不十分  外国代理人  外国特許庁  外国出願用  バイ  現地代理人費用  疑問  責任  無駄  最終  最終拒絶  アドバイス  代理  効果的  効率  和文明細書  開設  act  経費  全員  事務  中途  理由書  担当者  少数  圧倒的  回答書作成  教育  不足  特許関連  明細  国内外代理人  日本国  検討不足 


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作