日迄

米国:QPIDS試行プログラム

米国:登録料支払い後にIDSをUSPTOに考慮させるQPIDS試行プログラムの実施 

米国の現行のシステムにおいては、登録料支払い後にIDSを提出して考慮させる為には、継続出願または継続審査要求(RCE)をすることが必要ですが、登録料支払い後にIDSをUSPTOに考慮させる"Quick Path Information Disclosure Statement" (QPIDS)試行プログラムが、2012年5月16日~2012年9月30日の間実施されます。

QPIDS試行プログラムの適用を受けるためには、EFS-webにて、料金の支払いと共に以下の提出が必要です。

1. QPIDS transmittal (new form PTO/SB/09)

2. IDS、1.97(e) の適時性陳述書(timeliness statement) 及び料金$180

3. 特許発行取下げ申請と料金$130

4. 暫定的継続審査請求("conditional"  Request for Continued Examination(RCE))と料金$930 (large entities)

特許発行取下げ申請が認められると、審査官が速やかに検討し、審査の再開が妥当と判断されると、RCEが認められ、IDS料金は返還されます。

逆に審査の再開が不要と判断されると、修正されたNotice of Allowanceが発行され、RCEは却下され、RCE料金も返還されます。

米国:AFCP、QPSIDの施行期間の更なる延長

USPTO: AFCP実施期間を2013年5月18日まで延長

米国特許商標庁(USPTO)は、特許(Utility Patent)・意匠(Design Patent)出願に対する最後の拒絶理由通知(Final Office Action)後に、審査の再考を促す機会を与えるAfter Final Consideration Pilot(AFCP)プログラムを、2012年3月25日より実施しており、実施期間はこれまでに何度か延長され、2013年3月23日迄となっておりましたが、更に2013年5月18日まで延長されることとなりました。

AFCPプログラムの概要についてはこちらで説明しておりますのでご参考下さい。

USPTO: QPIDS試行期間を2013年9月30日まで延長

米国特許商標庁(USPTO)は、登録料支払い後にIDSをUSPTOに考慮させる"Quick Path Information Disclosure Statement" (QPIDS)プログラムを、2012年5月16日より試行しており、この試行期間はこれまでに何度か延長され、2012年3月23日迄となっておりましたが、更に2013年9月30日まで延長されることとなりました。

QPIDSプログラムの概要についてはこちらで説明しておりますのでご参考下さい。

米国:AFCP、QPSIDの施行期間の更なる延長

USPTO: AFCP2.0実施期間を2013年12月14日まで延長

米国特許商標庁(USPTO)は、特許(Utility Patent)・意匠(Design Patent)出願に対する最後の拒絶理由通知(Final Office Action)後に、審査の再考を促す機会を与えるAfter Final Consideration Pilot(AFCP)プログラムを、2012年3月25日より実施しており、2013年5月19日からは内容を変更し、AFCP 2.0として継続されています。AFCP 2.0では、新たに、申請の提出、独立クレームの減縮補正、許可とならない場合の審査官面談の受け入れが要件とされました。AFCP 2.0の実施期間は、2013年9月30日迄となっておりましたが、更に2013年12月14日まで延長されることとなりました。

AFCPプログラムの概要についてはこちらで説明しておりますのでご参考下さい。

USPTO: QPIDS試行期間を2013年12月14日まで延長

米国特許商標庁(USPTO)は、登録料支払い後にIDSをUSPTOに考慮させる"Quick Path Information Disclosure Statement" (QPIDS)プログラムを、2012年5月16日より試行しており、この試行期間はこれまでに何度か延長され、2012年9月30日迄となっておりましたが、更に2013年12月14日まで延長されることとなりました。

QPIDSプログラムの概要についてはこちらで説明しておりますのでご参考下さい。

米国:AFCP、QPSIDの施行期間の更なる延長

USPTO: AFCP2.0実施期間を2014年9月30日まで延長

米国特許商標庁(USPTO)は、特許(Utility Patent)・意匠(Design Patent)出願に対する最後の拒絶理由通知(Final Office Action)後に、審査の再考を促す機会を与えるAfter Final Consideration Pilot(AFCP)プログラムを、2012年3月25日より実施しており、2013年5月19日からは内容を変更し、AFCP 2.0として継続されています。AFCP 2.0では、新たに、申請の提出、独立クレームの減縮補正、許可とならない場合の審査官面談の受け入れが要件とされました。AFCP 2.0の実施期間は、2013年12月14日迄となっておりましたが、更に2014年9月30日まで延長されることとなりました。

AFCPプログラムの概要についてはこちらで説明しておりますのでご参考下さい。

USPTO: QPIDS試行期間を2014年9月30日まで延長

米国特許商標庁(USPTO)は、登録料支払い後にIDSをUSPTOに考慮させる"Quick Path Information Disclosure Statement" (QPIDS)プログラムを、2012年5月16日より試行しており、この試行期間はこれまでに何度か延長され、2014年12月14日迄となっておりましたが、更に2014年9月30日まで延長されることとなりました。

QPIDSプログラムの概要についてはこちらで説明しておりますのでご参考下さい。


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作