当然

弊所の基本理念

弊所の特徴

課題2:中間処理(拒絶理由通知に対する応答など)の効率化とコスト低減

タグ:

特許  米国  PCT  出願  クレーム  発明  日本  欧州  提出  明細書  上記  以下  RCE  費用  翻訳  審査  拒絶  効果  弊所  可能  手続  特許出願  欧州特許  作成  日本出願  対応  請求  出来  制度  検討  特許庁  問題  明確  理由  外国  実際  外国出願  使用  出願時  拒絶理由  米国出願  各国  十分  action  理解  拒絶理由通知  権利化  final  特許事務所  コスト  出願明細書  状況  office  権利  詳細  欧州特許庁  許可  実質的  関連  書類  課題  通知  言語  審査請求  以上  増加  代理人  客様  事務所  答弁書  案件  英文  基本的  当然  不明確  翻訳者  構成  傾向  処理  評価  中間処理  勿論  外国特許出願  削減  実務  高額  経験  原因  回答  認識  国内  英文明細書  依頼  何度  回答書  タイ  状態  スタッフ  継続  現地  担当  自分  中間  現地代理人  成功  法律  継続審査請求  代理人費用  不明  外国特許  日本国内  継続審査  関与  効率的  外国代理人  本出願  係争  不十分  日本出願明細書  和文  無駄  外国特許庁  本人  疑問  代理  アドバイス  責任  バイ  現地代理人費用  外国出願用  効果的  経費  効率  最終  最終拒絶  和文明細書  開設  担当者  中途  回答書作成  圧倒的  全員  act  少数  教育  不足  事務  国内外代理人  日本国  理由書  検討不足 

欧州(7): 異議申立手続き

タグ:

特許  米国  出願  クレーム  発明  日本  欧州  補正  記載  新規性  提出  必要  明細書  EPO  進歩性  上記  以下  or  審査  patent  判断  弊所  可能  手続  出願人  特許出願  利用  EPC  開示  欧州特許  作成  審査官  申請  要求  an  対象  異議申立  対応  可能性  要件  請求  出来  制度  検討  制限  特許庁  期限  通常  具体的  考慮  存在  理由  延長  指定国  手数料  無効  月以内  各国  時期  at  特許性  技術  Request  第三者  当業者  EP  期間  加盟国  採用  登録  事件  注意  art  実施  証拠  Appeal  補充  最後  当事者系  有効  指定  導入  現在  特許権者  複数  欧州特許庁  許可  口頭審理  file  関連  再審査  通知  発行  言語  井上  決定  代理人  付与後異議申立  所謂  知的財産  客様  Inter  答弁書  経由  案件  アソシエイツ  以外  基本的  見解  訴訟  当然  維持  違反  Auxiliary  異議  原則的  European  特許権  主題  parte  実施可能要件  構成  時間  事項  議論  同時  予定  提起  程度  単一性  専門家  用語  経験  欧州特許出願  欠如  審判  審判請求  修正  国内  両方  何度  機会  Rule  partes  送付  新規事項  書面  成立  適切  異議申  簡単  確実  re  関係  付与後異議  加盟  異議申立人  従属  義務  特許明細書  特許無効  相談  確保  異議決定  希望  Technical  特許取消  特許成立  無効審判  無効訴訟  異議申立手続  異議部  企業  典型的  Ex  当事者  不明  取消  不備  Main  申立  指示  会社  異議理由  個別  ユーロ  添付  Proceedings  実施可能  申請書  事前  関与  存続期間  矛盾  優先  実績  原則  main  期間内  準備  番号  数多  掲載  全体  結論  不可  Oral  特許取  主請求  出席  per  提出期限  副請求  クレームセット  却下  廃止  攻撃  進歩  是非  セット  豊富  経緯  召喚状  異議申立制度  当初  方式上  各指定国  関連性  代理  以内  審判理由補充書  公用  利用可能性  原稿  単一  審理  日以後  発言権  発言  優先的  産業上  特許維持  複数提出  part  方式審査  新規  方針  特許権者以外  提出物  maintenance  月前  予備見解  以降  付与後異議申立制度  付与  万円弱  口頭審理前  利用可能  Division  公用語  Opposition  異議申立書  要件違反  経験豊富  要請  相談下  納付  第二希望以降  第一希望  不明瞭  不明瞭性  国内法  ed  付与後  Expert  予備的見解  実施可能要件違反  Re  revocation  弁駁書  統計的  統計  審判請求書  障害  答弁書提出  late  再審査制度  口頭審理中  出願当初  出願人企業  無関係  公報  理由書  理由補充書  異議手続  異議申立期間  設定  番号付  man  特許無効審判  利害関係  mm  送達  知的財産部  有資格者  以後 


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作