実施可能要件

課題1:出願明細書の質と出願コストのバランス

タグ:

特許  米国  出願  クレーム  発明  日本  欧州  記載  新規性  提出  必要  明細書  進歩性  上記  以下  費用  先行技術  審査  拒絶  パラメータ  弊所  可能  出願人  料金  比較  特許出願  開示  作成  範囲  実施例  要求  方法  日本出願  対応  要件  検討  選択  選択発明  特許庁  通常  考慮  メリット  外国  外国出願  使用  出願時  無効  技術  最初  公知  重要  実施  調査  権利化  以前  追加  サポート  結果  観点  特許事務所  コスト  出願明細書  状況  権利  現在  近年  向上  審査結果  関連  書類  課題  形式  種類  技術分野  分野  井上  権利行使  客様  特殊  事務所  案件  アソシエイツ  基本的  意図  提示  知財  達成  実施可能要件  事項  充分  範囲内  程度  外国特許出願  削減  用途発明  実務  段階  用語  保護  経験  減縮  比較例  回答  先行技術調査  審査段階  早期  回答書  チェック  成立  適切  スタッフ  プロセス  確実  担当  リスク  許容  基礎  中間  防止  列挙  特許成立  周知  外国特許  低減  将来  実施可能  予想  値下  優先  本出願  プロ  徹底的  用途  外国特許庁  不況  特許保護  プロダクト&nb