国際事務局

PCT(3): 国際調査機関による先行技術調査、国際段階での補正

PCT国際出願の大きなメリットの一つが、国際調査機関(ISA)による先行技術調査を受けられることです。国際調査(先行技術調査)の結果は、優先日からほぼ16ヶ月までに出願人に通知されます。

国際調査機関(ISA)

日本特許庁にPCT国際出願した場合の国際調査機関(ISA)は以下の通りです。

日本語でPCT出願した場合: 日本特許庁

英語でPCT出願した場合: 日本特許庁若しくは欧州特許庁(EPO)のいずれかを選択

米国、カナダ、中国、韓国、オーストラリア等の特許庁もISAとして承認されていますが、日本特許庁に提出するPCT国際出願の場合、ISAとして選択できるのは、上記の通り、日本特許庁かEPOのいずれかです。

調査結果の通知

以下の2種類の書類が送付されてきます:

1)国際調査報告書

文字通り、調査結果の報告書。国際調査を行った分類、関連する技術に関する文献等が記載されている。

2)国際調査機関の見解書

発明が特許として認められるか否か(新規性、進歩性、産業上利用可能性の有無)についての見解。

調査結果の意義と出願人が取り得る対応

調査結果(国際調査報告+国際調査見解書、以下、纏めて”ISR・ISO”と称す)は、実際の出願国(PCT出願の移行先の国)の審査に対する拘束力は有りません。要するに、各国の特許庁は、ISR・ISOと矛盾する内容の審査通知を出すことがあります。特に、日本特許庁が国際調査機関(ISA)で、米国や欧州に出願した場合など、米国や欧州の特許庁は、ISR・ISOの内容にはあまり影響されず、独自の調査をするようです。

但し、移行先の国の特許庁が国際調査機関(ISA)であった場合(例えば、日本特許庁がISAで、PCT出願を日本に移行したような場合)は、その国の審査においてISR・ISOに沿った形の審査通知が出される傾向があります。例えば、日本特許庁がISAで、PCT出願を日本に移行したような場合、国際調査を担当した日本特許庁の審査官が、移行後の日本出願の実体審査も担当するということは少なくありません。そのような場合、ISR・ISOに沿った形の内容の審査結果となる可能性が高いです。

また、欧州特許庁(EPO)が国際調査機関(ISA)であり且つ欧州に移行する場合(例えば、日本特許庁にPCT出願を英語で提出し且つISAとしてEPOを選択して、欧州に移行する場合)には、ISRの公開又は欧州移行の遅い方から約2ヶ月後に、ISAの見解書に対する応答要求の通知(規則161(1))(回答期限:通知から6ヶ月以内)が発行されます(但し、ISOの内容が否定的であった場合のみ)。従って、当然のことながら、ISAがEPOで、欧州に移行する場合には、ISAの見解書の内容は、欧州移行後のEPOによる実体審査に直結するものとなります。

上記の欧州の場合を除き、このISR・ISOには特に応答(答弁書提出)する必要はありませんが、ISAの見解が望ましいもので無かった場合、出願人は以下のようなアクションを取ることができます。

1. 非公式コメントの提出

国際調査機関の見解書に対する反論を「コメント」として国際事務局に対して提出する。ただし、この「コメント」は、国際事務局が指定官庁に転送するために単に受け付けるものであって、PCT規則において明文化されていない「非公式なコメント」として取り扱われ、これを参酌するかどうかは各国特許庁審査官の裁量に委ねられる。

(※尚、この「コメント」の提出は、国際段階であればいつでもできます。また、様式は特に定められておらず、書式自由となっています。この非公式コメントの実質的な効力については、弊所の経験上、外国特許庁の審査官がコメントを積極的に考慮するということは期待できないと思います。国内段階移行後に、国際調査見解書と同様の理由で外国特許庁に拒絶された時の為の準備程度に考えておいた方がよいでしょう。)

2. 19条補正の提出

国際事務局に対して19条補正を提出する。19条補正の特徴は以下の通り。

補正可能時期: 

国際調査報告の送付の日から2月または優先日から16月のいずれか遅く満了する期間内。

補正可能範囲: 

請求の範囲のみ。

補正可能な回数: 

1回のみ。
 

補正提出に関する費用: 

特許庁へ支払う手数料は無し。代理人手数料のみ(難易度などによるが、通常、5~10万円程度)。

補正によりISAの見解が変ったかどうかの確認: 

確認することは出来ない。

補正の公開: 

補正は、国際公開公報に反映される(補正後の形で国際公開される)。

3. 国際予備審査請求

国際予備審査請求をする。それにより、ISAの見解書に対して正式に反駁・抗弁することが可能になる。この際、必要に応じて34条補正が可能。国際予備審査請求に関する手続きの特徴は以下の通り。

国際予備審査請求時期: 

国際調査報告の発送日から3ヶ月、または優先日から22ヶ月のいずれか遅く満了する日まで。

国際予備審査請求した場合の国際調査見解書の扱い: 

国際予備審査請求した場合には、ISAの見解書は原則として国際予備審査機関による第一回目の見解書とみなされる。

一方、国際予備審査請求をしていない場合、上記の見解書は、「特許性に関する国際予備報告(第I章)(IPRP(第I章))」と改称されて指定国に送付される。

ISAの見解に対する反論と補正: 

答弁書と、必要に応じてと34条補正を提出する。尚、答弁書と34条補正は、国際予備審査請求請求と同時若しくは国際予備審査報告書が作成される前に速やかに提出する。

補正可能範囲: 

34条補正では、請求の範囲のみならず明細書や図面も補正できる。(19条補正では、補正出来るのは請求の範囲のみ。)

補正可能な回数: 

国際予備審査請求をしてから国際予備報告書が作成されるまでの期間内であれば、制限無し。

補正の公開: 

補正は公開されない。

国際予備審査請求に関する費用: 

1) 国際予備審査機関(IPEA)がJPOの場合(2012年6月1日以降)

・JPOに支払う手数料: ¥44,300 [¥26,000(予備審査手数料) + ¥18,300(取り扱い手数料) 但し、クレームが単一性を満たさない場合、追加料金の支払いが必要になる場合あり]

・代理人手数料(国際予備審査請求+補正書+答弁書): 一般的に10~25万円程度(難易度などにより大きく異なる) 

2) 国際予備審査機関(IPEA)がEPOの場合

・EPOに支払う手数料: 2,015ユーロ(110円/ユーロとして約¥22万円) [1,850ユーロ(予備審査手数料) + 165ユーロ(取り扱い手数料)但し、クレームが単一性を満たさない場合、追加料金の支払いが必要になる場合あり]

・代理人手数料(国際予備審査請求+補正書+答弁書): 一般的に15~35万円程度(難易度などにより大きく異なる) 

答弁書(及び補正)がISAの見解が変ったかどうかの確認: 

国際予備審査機関(IPEA)が、答弁書と補正を検討した上で作成する国際予備審査報告(IPER)において確認できる。

各国の実体審査に対する国際予備審査報告の影響: 

定かではない。特に米国や欧州などでは、他国の特許庁による国際予備審査の結果は余り重要視しない傾向がある。但し、英語でPCT出願し、EPOを国際調査機関(ISA)及び国際予備審査機関(IPEA)として選択した上で、欧州に移行した場合は、否定的な内容のIPERに対しては応答の義務がある。

タグ:

特許  米国  PCT  中国  出願  クレーム  発明  日本  欧州  補正  新規性  記載  提出  必要  EPO  進歩性  明細書  費用  韓国  上記  以下  審査  拒絶  or  先行技術  PCT  可能  弊所  料金  英語  手続  出願人  移行  欧州特許  国際出願  利用  審査官  作成  日本出願  要求  an  範囲  対応  JPO  期限  可能性  請求  メリット  出来  検討  制限  特許庁  外国  選択  指定国  同様  公開  通常  考慮  理由  条補正  ISA  応答  日本語  特徴  手数料  実際  時期  国際調査機関  審査通知  支払  期間  EP  文献  各国  規則  at  見解書  技術  追加  特許性  重要  10  調査  指定  内容  一般的  ISR  優先日  結果  国際調査報告  審査請求  通知  欧州特許庁  審査結果  図面  関連  実質的  否定  日本特許庁  書類  発行  種類  代理人  書式  影響  IP  答弁書  国際調査  under  当然  同時  日以降  確認  見解  反論  傾向  効力  単一性  国際予備審査機関  国内  IPEA  JPO  追加料金  段階  19  程度  回答  万円程度  国際予備審査請求  他国  経験  コメント  実体審査  ex  国際予備審査報告  ISO  様式  義務  補正書  送付  先行技術調査  出願国  国際予備審査  25  34  オーストラリア  15  国際段階  一般  カナダ  担当  アクション  参酌  優先  国際事務局  回数  期待  有無  難易度  国際調査見解書  国内段階  ユーロ  承認  補正後  22  移行後  回答期限  矛盾  外国特許  否定的  国際調査報告書  準備  IPE  本出願  正式  期間内  原則  国際予備報告  調査機関  積極的  予備審査請求  調査見解書  代理人手数料  日本特許  進歩  非公式  外国特許庁  反映  満了  ISA  調査結果  代理  以内  審査手数料  単一  利用可能性  文字通  文字  欧州移行  ratio  補正可能  調査報告書  産業上  応答要求  独自  35  発送日  以降  移行先  事務  公開公報  産業上利用可能性  16  重要視  請求時  調査報告  各国特許庁  抗弁  意義  報告  国際  国内段階移行  分類  利用可能  新規  指定官庁  JP  審査請求時  IPER  拘束力  直結  予備審査  予備審査報告  予備審査手数料  機関  答弁書提出  公報  先行  特許庁審査官  公開又  制限無  明細  国際公開  国際予備審査報告書  補正可能範囲  一回目  一回  同時若  経験上 

その他(商標)

Q1. 日本の商標登録出願に基づく優先権主張をして外国に商標登録出願する場合、特許の場合と同様に、日本出願から1年以内に外国出願すれば良いのか?

A2. パリ条約に基づく優先期間は、特許については1年ですが、商標については6ヶ月と定められています。従って、日本の商標登録出願の日から6ヶ月以内に外国出願手続きを完了させなければ優先権を享受することはできません。

Q2. 直接外国へ商標登録出願することに対する国際商標出願(マドリッドプロトコル出願)のメリットとデメリットは

A2. マドリッドプロトコル出願(所謂「マドプロ出願」)のメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

マドプロ出願のメリットとしては、現地代理人を介さずに出願から登録手続までを完結できますので、基本的には現地代理人費用が発生しません

但し、いずれかの指定国において拒絶理由が見つかった場合には、その指定国の代理人が応答手続を行わなければならないことになっているため、その時点からの現地代理人費用が発生します。

また、もしも登録する国や商標を使用する対象を増やす可能性があるならば、マドプロ出願には、事後指定(指定国、指定商品・役務の追加)が可能です。但し、指定商品・役務の追加は、国際登録の範囲内でのみ可能です。従って、後に商標を活用する国や対象が増えた場合に対応できるというメリットがあります。

さらに、登録後も更新、各種変更手続きを一括で行うことができます。

デメリット

マドプロ出願の場合、先ず、日本に出願する必要があります。従って、日本での商標権が不要という場合は、日本での出願費用が無駄になってしまいます。

また、基礎出願が登録にならない場合や基礎登録が取消された場合、マドプロ出願・登録も取消されてしまうという不利があります(所謂「セントラルアタック」)。この場合、各国出願への切り替えを行うことができますが、新たに出願費用がかかります。

Q3. マドリッドプロトコルの加盟国は

A3. 現在のところ、日本、米国、EU、ロシア、中国、韓国などを含む86カ国が加盟しています。近年、注目を集めている新興国では、ベトナム、フィリピン、イラン、エジプトなどは加盟していますが、マレーシア、タイ、インド、インドネシア、メキシコ、バングラディシュなどの国は未加盟です(2012年9月現在)。詳しくは、こちらで確認できます。

Q4. 展示会に自社製品を出品するにあたり、新たな商標を使用しようと考えているが、特許出願の場合のように、展示の後に、新たな商標について新規性を喪失せずに出願することはできるのか?

A4. まず、商標に関しては、特許におけるような所謂「新規性」という概念は存在しません。特許、実用新案、意匠等は、新たな技術などを発明、考案又は創作し、その新しい技術などの保護を目的とするものですが、商標権は「選択物」であると言われます。これは、商標権に関しては、既存の言葉などを選択して特定の商品やサービスを特定するために用いる権利であるという考え方に基づきます。

しかし、商標登録出願にも、特許制度などにおける「新規性の喪失の例外」(特許法第30条)の規定に類似の規定は存在します。商標法の第9条(出願時の特例)においては、特定の博覧会において出品・出展した商品やサービスについて使用をした商標について、その出品・出展の日から6ヶ月以内にその商標について出願した場合は、その出品・出展の日が商標登録出願の出願日とみなされます。この際、商標自体並びに商標登録出願の指定商品又は役務は、出品・出展したものと同一にする必要があります。

特許等の場合、新規性の喪失の例外の適用を受ける場合、出願前に公開した技術と出願に係る発明は必ずしも同一である必要はありませんが、商標に関する上記「出願時の特例」については、上記の通り、商標及び指定商品・役務は、出品・出展の時のものと同一であることが要求されます。また、特許などの場合、特許出願の出願日は、出願前の公開の日に遡及することは有りませんが、商標の上記「出願時の特例」においては、出願日は出品・出展した日に遡及します。

また、商標登録出願について「出願時の特例」を受けるためには、その旨を記載した書面を商標登録出願と同時に特許庁に提出し、且つ当該商標登録出願における商標及び指定商品・役務は、出品・出展の時のものと同一であることを証明する書面を商標登録出願の日から30日以内に提出しなければなりません。

尚、商標法第9条(出願時の特例)において定める特定の博覧会は以下のようなものです。

 ①日本政府等が開設する博覧会、
 ②日本政府等以外の者が開設する博覧会であつて特許庁長官の定める基準に適合するもの、
 ③パリ条約の同盟国、世界貿易機関の加盟国若しくは商標法条約の締約国の領域内でその政府等若しくはその許可を受けた者が開設する国際的な博覧会、
 ④パリ条約の同盟国、世界貿易機関の加盟国若しくは商標法条約の締約国のいずれにも該当しない国の領域内でその政府等若しくはその許可を受けた者が開設する国際的な博覧会であつて特許庁長官の定める基準に適合するもの。

タグ:

特許  米国  中国  出願  発明  日本  新規性  記載  提出  必要  米国特許  費用  韓国  上記  以下  拒絶  or  be  商標  可能  例外  宣誓供述書  手続  意匠  特許出願  利用  主張  適用  申請  実用新案  日本出願  要求  対象  方法  an  範囲  対応  可能性  制度  優先権  メリット  特許庁  外国  選択  指定国  規定  同様  外国出願  公開  変更  情報  理由  存在  出願時  応答  手数料  拒絶理由  使用  月以内  同一  支払  特定  期間  各国  at  技術  加盟国  登録  追加  パリ  基準  rce  特許法  出願日  宣誓書  10  指定  Notice  証拠  優先権主張  拡張  デメリット  権利  不要  現在  近年  許可  詳細  declaration  猶予期間  file  www  書類  発行  参照  代理人  喪失  米国特許庁  目的  use  参考  年以内  IP  インド  所謂  証明  以外  基本的  pdf  基礎出願  under  同時  維持  特許制度  確認  宣言書  放棄  類似  サービス  was  取下  出願費用  A2  保護  go  A1  マドプロ  タイ  範囲内  商標登録  継続  インドネシア  条約  jpo  ex  書面  米国特許商標庁  製品  活用  加盟  サイト  時点  従属  送付  現地代理人  re  特許法第  ライン  Q2  Q1  Information  登録後  ベトナム  直接  日本国特許庁  ロシア  affidavit  現地  基礎  form  htm  該当  優先  追加手数料  国際事務局  注目  マレーシア  出品  商標登録出願  代理人費用  遡及  当該  WIPO  宣誓  マドリッドプロトコル  展示  do  商標出願  Q3  A3  取消  日以内  プロ  世界  国際的  発生  新興国  EU  特例  博覧会  本出願  期間内  フィリピン  Q4  享受  番号  供述書  登録手続  自体  出展  エジプト  締約国  A4  更新  月現在  商品  商標権  展示会  役務  am  協定  自社  指定商品  完了  猶予  現地代理人費用  申請人  ku  出願手続  無駄  members  代理  以内  未加盟  tetuzuki  出願前  宣誓供述  商標法  ratio  開設  既存  act  一括  メキシコ  事務  ウェブ  ウェブサイト  オンライン  actual  適合  イラン  kokusai  国際登録  国際商標出願  外国出願手続  国際  創作  特許庁長官  識別  政府等若  新規  意思  電子  領域内  領域  101  事後指定  事後  直接外国  世界貿易機関  正当  機関  猶予期間内  特許商標庁  加盟国若  優先期間  特別  言葉  裏付  日本国  同盟国  概念  バングラディシュ  商標法第  商標法条約  商標及  Q5  mm  ip  A5  FAX 

PCT国際出願に対する情報提供と、日本における刊行物等提出書による情報提供

PCT国際出願に対する第三者による情報提供制度が、2012年7月から開始されました。この制度によって、国際段階にあるPCT出願の新規性および進歩性に係わる先行技術について、WIPO国際事務局に情報提供を行うことが可能になりました。しかしながら、情報提供可能な期間や提供可能な情報の種類などにかなり制限があるため、情報提供を行う際には注意が必要です。次の表に、PCT国際出願に対する情報提供の特徴を、日本出願に対する情報提供制度である刊行物等提出書の特徴と共にまとめました。

 


 

PCT国際出願に対する情報提供 刊行物等提出書による、
日本出願に対する情報提供
提供先 WIPO国際事務局
(ePCTの電子システムのみ)
日本国特許庁
(書面またはオンライン)
情報提供
の言語
アラビア語、英語、スペイン語、中国語、ドイツ語、日本語、韓国語、ポルトガル語、フランス語、ロシア語(文献の言語は限定なし)

<WIPOは訳文を作製しないため、情報を最も考慮して欲しい機関や特許庁の言語を使用することが望ましい>
日本語

<刊行物などの言語に限定はないが、日本語以外は和訳の添付が望ましい>
提出期間
と回数
国際公開以降、優先日から28ヶ月までに1回のみ 出願後から特許付与後のいつでも、何回でも可能
提供可能な
情報
・新規性欠如、進歩性欠如に関する情報のみ

・先行技術に関する文献(国際出願日以前に発行されたもの、または優先日が国際出願日以前の特許文献)に限定

・提出可能な文献の数は最大10件、各文献に対する情報は最大500文字
・新規性欠如、進歩性欠如の他に、新規事項の追加、産業上利用可能性の欠如、拡大先願、記載要件違反、先行技術文献情報開示要件違反などに関する情報

・「書面」であれば、文献に限らず、実験報告書などの証明書類も提出可

・提出する書面の数、刊行物等提出書の文字数に制限なし
匿名に
よる提供
可能 可能
出願人に よる
反論
優先日から30ヶ月までにWIPO国際事務局にコメントを提出可能 日本国特許庁に上申書を提出可能。提出期限なし。
情報提供/ 出願人コメントの公開 WIPOホームページのPATENTSCOPEより閲覧可能、但し、文献の公開なし 包袋閲覧の申請によって閲覧可能 (IPDLでは書類の提出日のみ確認可能)
メリット ・国際調査報告や国際予備審査報告で考慮される

・WIPO国際事務局に情報提供を行うだけで、全指定国に情報が送付される
・新規性、進歩性以外の問題についても指摘することが可能

・文献以外に実験証明書なども提出可能

・情報提供可能な期間や回数に制限なし
デメリット ・提供可能な情報に制限あり

・情報提供可能な期間と回数に制限あり
・日本国特許庁にしか情報提供することができない(他の出願国には、個別に情報提供を行う必要がある)

・情報提供に対する出願人のコメントを考慮した追加の情報提供も可能

 

PCT国際出願に対する情報提供のメリット: 

上記の表から明らかなように、PCT国際出願に対する情報提供は、提出可能な情報が新規性と進歩性に関する情報に限られ、また、文献の数は最大10件、各文献に対する情報は最大500文字という制限があります。しかしながらこの制度には、以下のメリットがあります。

(1)国際調査報告や国際予備審査報告に影響を与えることができる

国際調査報告や国際予備審査報告が作製される前に情報提供を行えば、提供した情報は、上記報告の作製時に考慮されます。国際調査報告と国際予備審査報告は多くの国の特許庁が審査の際に参考にするため、国際出願の特許性に否定的な国際調査報告や国際予備審査報告は、各指定国における権利化の防止または権利範囲の制限に有効に働くと考えられます。 

(2)WIPO国際事務局から全指定国に提供した情報が送付される

WIPO国際事務局に情報提供を行えば、優先日から30ヶ月の移行期限経過後には、全指定国に提供した情報が送付されます。従って、複数の出願国に個別に情報提供を行う場合よりも、労力やコストの面で有利です。(但し、WIPOは提供された情報をそのまま、訳文を作製せずに、指定国に送付します。従って、指定国(または情報提供に使用する言語)によっては、情報がどの程度考慮されるのかは不明です。)

各国で個別に情報提供を行うことのメリット: 

国によって特許の審査基準は異なるため、各指定国の特許庁に個別に情報提供を行うことによって、その国の審査基準に沿った情報提供が可能になります。また、情報提供制度も国によって異なりますが、一般的に審査官には提供された情報を検討することが義務付けられていることから、提供した情報が審査に使用される確率も高まると考えます。

例えば、日本における刊行物等提出書による情報提供は、PCT国際出願に対する情報提供と比べて、提供可能な情報の種類や量が遥かに多く、他社出願に特許性がないことをより詳細に説明することが可能です。

更に日本における刊行物等提出書は、出願後であればいつでも提出できます。従って、公開前であっても何らかの方法で出願に関する情報(出願番号と発明の内容など)を知り得た場合、その出願の公開前に刊行物等提出書による情報提供が可能です。そのように公開前に刊行物等提出書することができれば、例え国際出願が出願直後に日本への移行手続を進め、更に早期審査の請求をしていても、審査に間に合うように情報提供を行うことが可能です。(上記のように日本で早期審査を請求した場合、国際出願の優先日から30ヶ月が経過する前に特許査定となることがあります。この場合、PCT国際出願に対して提供した情報は特許査定後に日本国特許庁に送られてくるため、審査の際に考慮されることはありません。)

また、特許後に 刊行物等提出書による情報提供をする場合には、特許権者に無効理由が存在する可能性や無効審判を請求される可能性を認識させることによる、特許権行使に対する牽制効果が見込まれます。

タグ:

特許  PCT  中国  出願  発明  日本  新規性  記載  提出  必要  進歩性  韓国  上記  以下  審査  pct  効果  or  先行技術  先願  PCT  可能  英語  手続  出願人  移行  国際出願  利用  審査官  開示  申請  日本出願  方法  an  範囲  説明  期限  可能性  請求  拡大先願  要件  制度  メリット  検討  制限  特許庁  早期審査  指定国  公開  情報  考慮  理由  存在  日本語  問題  特徴  使用  無効  ドイツ  期間  先行技術文献  文献  各国  at  技術  第三者  追加  特許性  基準  出願日  特許査定  注意  10  実験  調査  指定  権利化  提供  以前  内容  審査基準  一般的  情報提供  有効  優先日  デメリット  権利  中国語  国際調査報告  30  特許権者  詳細  根拠  コスト  拡大  複数  言語  否定  日本特許庁  www  書類  発行  種類  影響  出願後  限定  参考  IP  開始  国際調査  証明  特許権  以外  違反  under  指摘  移行期限  事項  確認  all  反論  記載要件  見込  権利範囲  third  段階  go  程度  審判  20  確率  コメント  欠如  12  jpo  早期  ex  書面  新規事項  国際予備審査報告  有利  フランス  義務  認識  送付  re  出願国  国際出願日  国際予備審査  公開前  ライン  国際段階  一般  上申書  日本国特許庁  ロシア  刊行物等提出書  htm  経過  システム  ページ  2012  優先  防止  無効審判  国際事務局  回数  最大  進歩性欠如  ホームページ  特許査定後  不明  新規性欠如  WIPO  00  do  個別  PATENT  匿名  日以前  添付  情報提供制度  移行手続  提出期限  スペイン  特許付与後  刊行物  実験証明書  clear  和訳  否定的  提出可能  無効理由  本出願  50  番号  特許後  証明書類  簡潔  11  情報開示  行使  日本特許  進歩  per  ku  出願番号  order  WIPO  訳文  各指定国  tokkyo  tetuzuki  作製  他社  利用可能性  文字  ratio  提供可能  adding  act  産業上  以降  全指定  全指定国  ポルトガル  何回  特許文献  事務  付与後  付与  産業上利用可能性  cells  28  14  韓国語  要件違反  オンライン  able  調査報告  kokusai  査定  報告  提出日  実験証明  実験報告書  国際  利用可能  情報提供可能  新規  500  閲覧可能  電子  直後  包袋  予備審査  予備審査報告  機関  先行  労力  国際出願日以前  国際公開  国語  認可  記載要件違反  アラビア  日本国  義務付  各文献  PATENTSCOPE  PDF  pc 

PCT出願に対する情報提供制度の開始

PCT国際出願に対する第三者による情報提供制度が、2012年7月から開始されました。この制度によって、国際段階にあるPCT出願の新規性および進歩性に係わる先行技術について、WIPO国際事務局に情報提供を行うことが可能になりました。

 詳細については、日本特許庁のサイトの以下のページに説明されています。

http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_tokkyo/kokusai/pct_third.htm

また、弊所サイトのこちらのページでも、概略の説明と日本における情報提供制度との比較を示しておりますので、ご参考にご覧下さい。

米国:USPTOが登録料等の値下げを公表

USPTOは、登録料(issue fee)等の幾つかの手続きに関する手数料を値下げすることを公表しました。新料金は以下の表に示す通りです。新料金の適用は、2014年1月1日からとなります。登録料等は、可能であれば、この日以降に納付するとよいでしょう。

料金の種類 旧料金or 新料金 Large Entity Small Entity Micro Entity
実用特許(utility patent)の登録料 旧料金 $1,780 $890 $445
新料金 $960 $480 $240
再発行(reissue)登録料 旧料金 $1,780 $890 $445
新料金 $960 $480 $240
意匠特許(design patent)の登録料 旧料金 $1,020  $510  $255
新料金 $560  $280  $140
植物特許(plant patent)の登録料 旧料金 $1,400  $700  $350
新料金 $760  $380  $190
出願公開費用 旧料金 $300 $300 $300
新料金 $0 $0 $0
譲渡費用(電子的に提出する場合) 旧料金 $40 $40 $40
新料金 $0 $0 $0
送致料金(transmittal fee) 旧料金 $240 $240 $240
新料金 $240 $120 $60
PCT:調査費用 旧料金 $2,080 $2,080 $2,080
新料金 $2,080 $1,040 $520
PCT:予備調査費用 旧料金 $2,080 $2,080 $2,080
新料金 $2,080 $1,040 $520
PCT:受理官庁としての国際事務局に出願を送付するための料金 旧料金 $240 $240 $240
新料金 $240 $120 $60
PCT:米国を調査機関(ISA)としての調査費用 旧料金 $600 $600 $600
新料金 $600 $300 $150
PCT:米国以外を調査機関(ISA)としての調査費用 旧料金 $760 $760 $760
新料金 $760 $380 $190
PCT:予備審査費用(発明ごと) 旧料金 $600 $600 $600
新料金 $600 $300 $150


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作