利便性

リンク集

各国特許庁

サーチ関連(国内)

サーチ関連(海外)

知的財産権に関する条文(日本)

知的財産権に関する条文(外国)

その他

相互リンク

その他相互リンク

 かんたん相互リンクに参加しています。

タグ:

特許  米国  PCT  中国  出願  発明  日本  欧州  EPO  米国特許  翻訳  審査  or  patent  商標  可能  手続  意匠  特許出願  欧州特許  USPTO  データ  作成  Japan  実用新案  方法  an  説明  Patent  制度  特許庁  外国  not  情報  特許審査  Office  action  EP  各国  at  ヨーロッパ  art  rce  特許法  調査  提供  アメリカ  特許事務所  情報提供  search  office  判決  概要  MPEP  状況  epc  欧州特許庁  詳細  epo  判例  関連  日本特許庁  www  ガイドライン  種類  Inter  II  英文  サーチ  pace  IP  知的財産  インド  事務所  European  中国特許  we  海外  method  under  III  確認  law  医薬  We  国内  保護  go  独立  欧州特許出願  米国特許法  patents  タイ  経験  特許翻訳  条約  so  jpo  ex  米国特許商標庁  知識  弁理士  practice  サイト  re  ライン  知的財産権  オーストラリア  会社  legal  Design  カナダ  無料  uspto  htm  関係  経過  ページ  first  翻訳会社  United  データベース  ホームページ  Search  cgi  ii  WIPO  do  個別  裁判所  States  模倣  index  data  inoue  ep  Intellectual  european  パテント  リンク  相談  世界  structure  Property  検索  Department  main  対策  article  和文  条文  相互  日本特許  per  html  am  sea  its  太陽  ベース  参加  価格  ku  出願手続  gov  長年  気軽  iii  紹介  url  link  tokkyo  センター  web  商標法  Patents  ratio  著作権  mpep  裁判  act  part  lines  意匠法  所有  事務  中国国家知識産権局  便利  courts  社団法人  先進国  経過情報  相談下  IPC  China  Trademark  Trade  ウェブ  デザイン  Organization  各国特許庁  収集  up  国際  特許出願手続  texts  hanrei  特許公報  利便性  大学作成  大学  運営  審査状況  審査経過  電子  医薬翻訳  知的財産権判決速報  世界知的所有権機関  中国商標  機関  公報  特許庁特許電子図書館  特許商標庁  共同  コーネル  シンガポール  エンジン  特許意匠商標庁  日本国  リン  ノウハウ  oa  Singapore  State  Re  offices  low  World  mm  ml  Web  Unit  Korea  quick  recent  JAPAN  red  pc  Ministry  fr  fips  ed  find  ip  try  AIPPI  Commerce  sonota  Australia  structured  DE  shiryou  General 

日本:グローバルPPHの開始

特許庁は2013年11月1日、特許審査ハイウェイ(PPH)の手続の利便性をさらに向上させた「グローバル特許審査ハイウェイ」を、日米韓を含む13か国間で2014年1月から開始することを発表しました。

元々、日本の提唱で開始された「特許審査ハイウェイ(PPH)」は、先に出願した国で特許要件を満たすと判断された出願について、他国がその審査結果を参照して早期審査を行うは制度ですが、2006年に日米間で開始されて以降、順次対象国・地域を拡大し、2013年11月現在では世界30か国・地域が対象となっています。

また、国際特許出願(PCT)も対象とする「PCT-PPH」や、出願国の順序を問わない「PPH-MOTTAINAI」も開始されるなど、出願人の利便性の向上も進められています。

しかし、国によって利用できるPPH の種類が異なっていたため、各国においてどのPPH を利用することができるのか出願人にとってわかりにくく、制度の複雑性が増していました(例えば、米国にはPCT-PPH の申請が可能な一方、英国では利用できない等)。

このため、特許庁は、12の国・地域(米国、韓国、英国、デンマーク、フィンランド、ロシア、カナダ、スペイン、北欧特許庁(Nordic Patent Institute, NPI)、ノルウェー、ポルトガル、オーストラリア)との間で、利用できるPPHの種類を共通化した、多数国間の枠組み「グローバル特許審査ハイウェイ」の開始で合意したもので、特許庁では、今後もPPHの対象国拡大を図るとともに、申請手続の共通化・簡素化に努めることで、我が国出願人の海外での迅速な権利取得を支援していくとしています。

なお、非参加の国・地域(中国、欧州特許庁等)に関しては、引き続き、各国・地域における要件の下でPPHを申請することができます。


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作