宣誓供述書の書き方について(4):専門家の供述書(鑑定書)

審査段階においては、発明者を宣誓者とした宣誓供述書を採用することが多いですが、係争などの当事者系の手続においては専門家の宣誓供述書が必要になることが屡々あります。

勿論、専門家に案件を最初から検討してもらった上で鑑定書を作成してもらうことが望ましいのですが、時間や費用的な制約により、それが難しいこともあると思います。そのような場合、例えば、発明者の方による実験の妥当性についての考察を専門家に行ってもらい、実験結果に関する信頼性を高めるという方法をとることがあります。以下に、その書式の1例を示します。(欧州特許に関する係争手続きにおいて弊所が実際に提出したものに基づいていますが、固有名詞などは適宜変更してあります。)

Declaration of Professor Shigeo MARUKAWA

(Opinion on the experiments performed by Mr. Ichiro SUZUKI)

I, Shigeo MARUKAWA, a Japanese citizen, residing at xxxx, Chiyoda-ku, Tokyo Japan, do hereby declare and state as follows:

I am a professor of Graduate School of Engineering, VWXYZ University (xxx, xxx, Kanagawa-ken 333-4444
Japan; Phone: +81-xx-xxx-xxxx / FAX: +81-xx-xxx-xxxx).

My personal history is as follows:

1987 Graduated from the doctor course (of applied chemistry and synthetic chemistry), Graduate School of Engineering, VWXYZ University

1987 Assistant at the Department of Engineering, VWXYZ University

1993 Lecturer at the Department of Engineering, VWXYZ University

1995 Lecturer at the Graduate School of Engineering, VWXYZ University

1997 Overseas Research Student (at OPQRS University, the U.S.A.), nominated by the Japanese Ministry of Education, Science and Culture

1999 Assistant Professor of the Graduate School of Engineering, VWXYZ University

2005 Professor of the Graduate School of Engineering, VWXYZ University

Memberships in academic societies:
    The Chemical Society of Japan,
    Catalysis Society of Japan, and
    The Society of Chemical Engineering of Japan.

Award:

1995 The Chemical Society of Japan Award for Encouragement of Research and Development

I hereby provide my opinions on the experiments performed by Mr. Ichiro SUZUKI.

上記の例からも分かるとおり、専門家に鑑定してもらう場合には、専門家が関連分野における権威であることを明らかにする為に、冒頭の経歴部分を比較的詳細に記載します。


お問い合わせ

ホームページ制作