terminal disclaimer 分割出願

米国(2): RCE (Request for Continued Examination)

...特許庁審査部) ↓ 拒絶査定不服審判 (特許庁審判部) ↓ 知的財産高等裁判所への提訴 ↓ 最高裁判所への上告 日本においても、裏技的な手段として、拒絶査定を受けたら分割出願を行うということもありますが、この場合、勿論、分割出願の請求項を親出願と同じにならないよう補正する必要があります。即ち、分割出願はあくまで新たな出願として審査されるのであって、米国のように審査が継...

続きを読む

米国(6): 早期審査・審査促進(特許審査ハイウェイ(PPH)等)

...年の米国特許庁における審査の遅延状況を考えると魅力的な制度では有りますが、この制度には以下のような制約やデメリットが有ります: (1)優先審査の請求は、特許出願(パリ優先権主張出願、継続出願、分割出願を含む)若しくはRCEと同時に行うことが必要 (2)PCT経由の米国出願は対象外(但し、継続出願やRCEを行って、それと同時に優先審査を請求することは可能) (3)費用が非常に高額である(...

続きを読む

欧州(4): 分割出願の期限

... 2010年4月1日に施行された欧州特許条約(EPC)の施行規則改定により、分割出願が可能な時期について、出願が係属中であるということに加えて以下の制約が設けられました。(*注:この付加的な制約は、2014年4月1日以降、撤廃され、出願がEPOに係属中であれば分割出願可能という従...

続きを読む

出願時に公開されていなかった先願に対する新規性(拡大先願、準公知等)と進歩性(非自明性)

... 一方、拡大先願の地位の適用例外規定(即ち、出願時未公開であった先願に対する後願の新規性を判断する際に、先願の図面を含む明細書全体の開示ではなく、先願のクレームとの比較とする規定)を設けているのは、日本以外では韓国だけです。 米国: -- ターミナルディスクレイマー(terminal disclaimer)の制度有り -- 日本における拡大先願の地位の適用例外規定とは異なりますが、米国には、ターミナルディスクレイマー(terminal disclaimer)の提出という手続きがあります。 ...

続きを読む

欧州(6.2): 補正の制限 EPC137条(5)

...そこに含まれなかった主題 EPC規則137条(5)[旧137条(4)]違反の拒絶を受けた場合の対応 このEPC規則137条(5)[旧137条(4)]の要件を満たさない補正をしたい場合には、分割出願するしかありません。(勿論、補正は明細書の開示の範囲内であることが必要です。) しかし、旧137条(4)からEPC規則137条(5)への改正は2010年の"Raising the bar"をス...

続きを読む

米国(2)

... Actionに回答する義務があり、上記6ヶ月の期間内に許可通知がもらえそうにないときには、出願人は上記6ヶ月の期間内にRCEや審判請求を行うなど出願を継続させるための手続きを取っておかなければならない、ということです。 Q. 米国における分割出願と継続出願との違いがよく分からないのだが? A. 米国では、Restriction指令により審査対象外となったクレームに関して出願し直す場合のみ"divisional application"(分割出願)と称し、自発的に行う「分割出願」は"continuation application"(継続出願)と称します。 Q. ターミナルディスクレーマー(Terminal Disclaimer)とはどのようなものか? A. ある特許出願のクレームが、その出願と同一の発明者または譲受人による他の特許又は特許出願のクレームと同じでないにしても特許的に区別できない(not patentably ...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作