prometheus 審査ガイドライン

欧州(1)

...chとはどのようなものか? A. Problem-Solution Approach(課題-解決手段アプローチ)は、欧州特許庁(EPO)が採用している進歩性判断のテストであり、EPOの審査ガイドラインにおいて解説されています。 具体的には、以下のようの手順で進歩性を評価します。 (i)  determining the "closest prior art", (ii)  est...

続きを読む

リンク集

...特許法 実用新案法 意匠法 商標法 著作権法 知的財産権に関する条文(外国) 米国特許法(コーネル大学作成) 米国著作権法(コーネル大学作成) 米国特許審査ガイドライン(MPEP) ヨーロッパ特許条約 ヨーロッパ特許審査ガイドライン 外国産業財産権制度情報 日本特許庁のホームページにて提供されている、先進国、途上国を含む各国の産業財産権関係法令...

続きを読む

医療分野の知的財産について

...delines for Examination, G-II, 4.2.1参照)。 注5)(カナダ) 手術又は治療の工程を含まない人体に対する診断方法は特許対象である(カナダ国知財庁の特許審査ガイドラインによる)。 注6)(ニュージーランド) 手術工程を含まない人体に対する診断方法は特許対象である(ニュージーランド国知財庁の特許審査ガイドラインによる)。 注7)(韓国) 人体に直接的で...

続きを読む

プロメテウス事件に基づく特許適格性分析指針とクレームのドラフティング

...法)と題された指針メモを公表しました。これは、プロメテウス事件の最高裁判決[Supreme Court decision in Mayo Collaborative Services v. Prometheus Laboratories, Inc., 566 U.S. ___, 132 S.Ct. 1289, 101 USPQ2d 1961 (2012)](判決文はこちら)を受けて、USPTOの...

続きを読む

Prometheus最高裁判決に基づく特許適格性に関するガイドライン公表(USPTO)

... Process Claims Involving Laws of Nature"(2012 自然法則を含む方法クレームの特許適格性分析のための暫定的手法)と題されたガイドラインを公表しました。これは、Prometheus事件に関する米国連邦最高裁判所判決[Supreme Court decision in Mayo Collaborative Services v. Prometheus Laboratories, Inc., 566 U.S. ___, 132 S.Ct. 1289, 101 USPQ2d 1961 (2012)]を受けて、USPTOの審査官のための審査ガイドラインとして発行されたものです。 このガイドラインによると、自然法則を含む方法クレームの特許適格性の判断において、以下の3つの点を検討することとしています。 1.  Is the claimed ...

続きを読む

欧州(2)

...どを利用したプレゼンテーションは可能か? A. 審査官や審判官の指示に従って、ノートパソコンやその他の電子器機、若しくはコンピュータを利用したスライドショーなどを使用することが許されます(審査ガイドラインE-II,8.2.1,8.5.1)。   Q. 欧州特許に対する異議申立てに関して、異議決定(特許維持)に対する不服審判請求を行う際に、異議段階で提出可能であったにもかかわらず提出しな...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作