preliminary examination 中国特許

中国特許出願の重要性

...ら米国への出願件数は約84,000件、欧州への特許出願件数は約42,000件でした。 更に注目すべきは、中国国内の出願人による出願が占める割合は、かなり高いことです。例えば、2010年における中国特許出願の約75%、実用新案出願の約99%、意匠出願の約97%が中国国内の出願人によるものです。 上で、2010年における中国国内の出願人による出願が約120万件であったことを述べましたが、その内...

続きを読む

特許出願明細書の中国語翻訳に関する問題点

... 日本における我々のお客様も中国への特許出願についての関心が高く、中国特許出願に関して相談を受けることがありますが、殆どの方が特許出願明細書の中国語への翻訳に対する不安を口にされます。 現地語への翻訳が必要なのは、特に中国に限った話ではありませんが、中国が殊更問題視...

続きを読む

井上&アソシエイツにおける対策

...上記のようにして作成した英文明細書を中国語に翻訳するよう指示し、PCT和文明細書は 参考程度に使用するように指示致します。そのようなやり方で、中国代理人から内容に関する質問などは殆ど来ませんし、中国特許庁から記載不備の拒絶を受け ることも殆どありません。 弊所が作成した英文明細書の質は、欧米の代理人にも高く評価されており、優れた中国語明細書の作成に大いに貢献できるものと考えており...

続きを読む

米国(2): RCE (Request for Continued Examination)

... もう一つ米国特許制度の大きな特徴と言えるのが、RCE(Request for Continued Examination)の存在です。 RCEは、最後の審査通知(final office action)が出た後に、拒絶を克服できない場合に、継続審査を要求できる制度です。[*但し、意匠特許(design p...

続きを読む

米国(3): 現在の米国における特許政策(並びに自明性審査とその対策)

... Co. (Fed. Cir. 2011) (en banc))(不公正行為(Inequitable Conduct)の立証を困難にした)  - 補助的審査(Supplemental Examination)制度の導入(2011年のAmerica Invents Act)(情報開示義務(IDS)違反の救済措置) 特許出願に関する門戸は狭めない  - Bilski最高裁判決[Bilsk...

続きを読む

米国(4): 情報開示義務(IDS)

...り、さらに2011年の法改正(AIA, America Invents Act)により、Inequitable Conduct (不衡平行為)回避の目的で利用できるSupplemental Examination(補足審査又は補充審査)制度(2012年9月16日から施行)が導入されることになっており、関連情報をIDSとして提出しなかったことが不衡平行為と認められて特許が権利行使不能(unenfor...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作