pace 早期

ご挨拶・併設特許事務所・推薦状

...供するサービスのレベルが如何なるものであるかは、彼らの作成した書類を一見すれば一目瞭然です。 更に、永年にわたり数多くの国々における特許取得に携わって来た豊富な経験と相俟って、適切な判断により早期且つ確実な権利取得に必ずや貢献してくれるものと確信し推薦します。 (平成17年11月寄稿) 平井 英史(東京大学名誉教授、工学博士、日本化学会賞受賞(1984年) 井上所長をはじめとするスタ...

続きを読む

課題1:出願明細書の質と出願コストのバランス

...よりも明細書の質を重視すべきということですので、弊所が明細書の質を向上させるため心がけている点を列挙します。 外国出願の基礎となる最初の日本出願については、通常、明細書の質はある程度犠牲にしても早期に提出することが重要視されます。従って、外国出願する際には、明細書を徹底的に検討し直す必要が有るはずです。基本的なチェックポイントとして、例えば、以下のようなものが挙げられます。 開示要件につい...

続きを読む

米国(5.1): 特許の取消し・無効を請求する手続き[付与後異議(Post-grant review)等]

...て、異議申立て手続き中に提示した又は提示することが出来た根拠に基づく無効の主張をすることは許されない。 追記: ビジネス方法に関する発明(主に金融関連のもの)については、暫定的な異議申立て制度が早期に導入され、先願主義移行以前の特許も異議申立ての対象となります。この背景には、ソフトウェアー関連の発明に特許を与えるべきではないというロビー活動の存在があるものと思われます。そういったロビー活動をし...

続きを読む

米国(6): 早期審査・審査促進(特許審査ハイウェイ(PPH)等)

... 米国には、多岐に亘る早期審査・審査促進に関する制度がありますが、それらの幾つかは非常にプラグマティックであり、お国柄が反映された興味深いものとなっています。例えば、優先審査(Prioritized Examination)...

続きを読む

欧州(5): 審査

...り許可された特許をドイツに登録しても、ドイツでは無効にされる可能性が有ることを意味します。 また、EPC加盟国でも、ベルギー、ギリシャ、オランダ、スイスは方式審査のみですので、これらの国において早期且つ安価に権利を取得することを希望するのであれば、EPO経由でなく直接出願した方が、目標を達成しやすいと言えます。 フランスにおいては、審査段階では新規性についてのみ検討されます。従って、やはり...

続きを読む

欧州(9): 早期審査・審査促進(特許審査ハイウェイ(PPH)等)

欧州出願について、早期審査を受けるための手続きとして、PACE (Program for accelerated prosecution of European patent applications)があります。また、欧州特許庁と相互の特許審査ハイウェイ(Patent ...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作