ipsissimis verbis test

米国(3): 現在の米国における特許政策(並びに自明性審査とその対策)

... 130 S. Ct. 3218, 561 US, 177 L. Ed. 2d 792 (2010)] (CAFCの大法廷(en banc)が「machine-or-transformation testが、ビジネス方法に関する発明が特許保護の対象になるか否かについての唯一の判定手段」と判示したのを最高裁が覆した。) KRS判決による非自明性判定基準の変化: 以前は審査が厳しいと言われて...

続きを読む

「後知恵」(hind-sight)による拒絶に対処しやすい明細書作成について

...facie obviousness(一応の自明性)が成立する要件には以下の2項目が含まれています: (1)TSMテスト(teaching, suggestion, or motivation test)(「2143.01: Suggestion or Motivation To Modify the References [R-08.2017]」などを参照)と (2)reasonable ...

続きを読む

Schedule of Charges

...http://www.inoue-as.com/assets/images/default/latestcharges.pdf ...

続きを読む

米国での審査における実施可能性、新規性、非自明性の判断基準について

... 1989).(クレームされるものと詳細まで完全に一致する発明が示されていることが必要である) The elements must be arranged as required by the claim, but this is not an ipsissimis verbis test, i.e., identity of terminology is not required. In re Bond, 910 F.2d 831, 15 USPQ2d 1566 (Fed. Cir. ...

続きを読む

《拒絶理由通知、特許査定》

...erence 1 discloses an apparatus for performing a method comprising decompressing the inside of a test subject and measuring the internal pressure of the test subject by using an ultrasonic wave, to ...

続きを読む

欧州(6.1): 補正の制限 EPC123条

...エン酸+乳酸):アルカリ性カルシウム源 重量比の異なる範囲(即ち、上記の「1:1~10~1」と「特に好ましくは2.5:1~5:1」)の下限と上限を組み合わせることについては問題無い(not contestable under Article 123(2) EPC )が、クエン酸:乳酸 重量比「1:2~2:1」と(クエン酸+乳酸):アルカリ性カルシウム源 重量比「1:1~5:1」を組み合わせることに...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作