intervening claim

米国(5.1): 特許の取消し・無効を請求する手続き[付与後異議(Post-grant review)等]

...的に見込めるか(reasonable likelihood that the petitioner would prevail with respect to at least 1 of the claims challenged)になります。[査定系再審査(Ex Partes Reexamination)については、従来通り、実質的に新たな問題が提起されているか否かが基準となります。] 上記...

続きを読む

欧州(5): 審査

...する該発明のアドバンテージを特定することです。このアドバンテージを上記の「技術的課題」と考えれば良いと思います。] (iii)  considering whether or not the claimed invention, starting from the closest prior art and the objective technical problem, would hav...

続きを読む

米国(1)

...tement of invention and brief description of the drawings. ・・・・・ Every feature specified in the claims must be illustrated, but there should be no superfluous illustrations.  608.01(o)   Basis fo...

続きを読む

欧州(1)

...shing the "objective technical problem" to be solved, and (iii)  considering whether or not the claimed invention, starting from the closest prior art and the objective technical problem, would have...

続きを読む

English

...of Inoue & Associates For acquiring and protecting patent rights, everything starts from the claims and specification of a patent application or a granted patent.  Whether a patent application ca...

続きを読む

出願時に公開されていなかった先願に対する新規性(拡大先願、準公知等)と進歩性(非自明性)

...に、先願の図面を含む明細書全体の開示ではなく、先願のクレームとの比較とする規定)を設けているのは、日本以外では韓国だけです。 米国: -- ターミナルディスクレイマー(terminal disclaimer)の制度有り -- 日本における拡大先願の地位の適用例外規定とは異なりますが、米国には、ターミナルディスクレイマー(terminal disclaimer)の提出という手続きがあります。...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作