declare and say

米国(3): 現在の米国における特許政策(並びに自明性審査とその対策)

...  - 付与後異議申立制度(Post-grant review)の導入(2011年のAmerica Invents Act) 過剰な権利行使を抑制  - Abbott Labs v. Sandoz, 566 F.3d 1282 (Fed. Cir. 2009) (所謂"product-by-process"形式のクレームの権利範囲を、クレームで規定したprocessで得られる物に制限し...

続きを読む

米国(4): 情報開示義務(IDS)

...があったと認められる場合には、"But For" Materiality基準による重要性の立証は不要。) 上記(2)の「情報隠蔽の意図の存在」については「明白且つ説得力のある証拠」(Clear and Convincing Evidence)が要求されます。 以上のようなことから、現在では、不衡平行為(inequitable conduct)の訴えが認められる可能性は相当低くなったと思われ...

続きを読む

米国(5.1): 特許の取消し・無効を請求する手続き[付与後異議(Post-grant review)等]

...である2013年3月16日以前に成立した特許も対象となる。) III.異議申立て申請の有資格者: 特許権者以外の誰でも可 IV.特許庁内担当部署: 審判部[the Patent Trial and Appeal Board (元Interference審判部、the Board of Patent Appeals and Interferences)] V.異議申立て手続きの流れ: ...

続きを読む

欧州(5): 審査

... 欧州においては、日本や米国と比較して、新規性の拒絶は受け難いと言えます。 具体的には、EPOにおいて新規性を否定するためには、審査対象の発明が公知技術文献に直接的且つ明確(directly and unambiguously)に記載されていることが要求され、そのような厳密な意味での新規性を要求する判断基準は、"Photographic Novelty"と称されることがあります。要するに、欧...

続きを読む

米国(1)

...合、仮出願は、その出願日以降に出願された第三者の出願に対して、102条の新規性及び/又は103条の自明性に関する先行技術となり得ます(Giacomini判決を参照;また、上記判決で言及されるAlexander Milburn Co. v Davis-Bournonville Co.を参照)。 なお、米国特許法第102条(a)項(2)号における「先願」としての基準日、即ち、後願排除の有効日につ...

続きを読む

欧州(1)

...ning the "closest prior art", (ii)  establishing the "objective technical problem" to be solved, and (iii)  considering whether or not the claimed invention, starting from the closest prior art an...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作