allowance ids

米国(2): RCE (Request for Continued Examination)

... is closed)が、出願が生きている段階であれば請求することができます。具体的には、例えば、以下のような状況で、RCEが可能です。 ・ 最後の審査通知(Final Action)発行後で且つ出願放棄確定前 ・ 許可通知(Notice of Allowance)発行後で且つ登録料納付前 ・ USPTO審判部における審判係属中 審判請求書(Notice of Appeal)提出後に、RCEした場合には、審判請求は取り下げられたとみなされ、審査が再開されます。 ...
... Quayle action)後  (*方式的不備を訂正すれば特許査定となる旨を通知するもの) Ex Parte Quayle actionに対する回答 許可通知(Notice of Allowance)後 IDS、補正、新たな議論、新たな証拠など 審判請求後 最後の審査通知に対する応答(例えば、提出済みの審判理由書や審判部の見解に対する答弁書における議論を援用する旨の上申書) ...

続きを読む

米国(4): 情報開示義務(IDS)

... Conduct (不衡平行為)回避の目的で利用できるSupplemental Examination(補足審査又は補充審査)制度(2012年9月16日から施行)が導入されることになっており、関連情報をIDSとして提出しなかったことが不衡平行為と認められて特許が権利行使不能(unenforceable)となる事例は激減すると見込まれています。 しかし、上記のTherasense, Inc. v. Becton, ...
... IDSは、登録料(issue fee)支払までであれば提出することができます(37 CFR 1.97(d))。 出願から3ヶ月以内または最初の審査通知(拒絶理由通知又はNotice of Allowance)発行のうち何れか遅い方までであれば、提出料は不要です(37 CFR 1.97(b))。 上記以後は、提出料[$180(37 CFR 1.17(p))]が必要になります。更にこの場合、IDSとして提出する情報は、出願人がそれを知ってから若しくは外国の特許庁に引用されてから3ヶ月以内に提出する必要が有り、その旨を説明する陳述書を提出することが必要です(37 ...

続きを読む

米国(6): 早期審査・審査促進(特許審査ハイウェイ(PPH)等)

...とほぼ同時に導入された新しい制度です。 2011年9月26日以降に提出された出願について、この優先審査制度を利用すれば、平均で12ヶ月以内に最終的な審査結果(許可通知(Notice of Allowance)または最終拒絶(Final Rejection))が得られることになっています。(尚、この優先審査は"Track One"と称されておりますが、"Track Two"は通常審査であり、"T...

続きを読む

米国:QPIDS試行プログラム

米国:登録料支払い後にIDSをUSPTOに考慮させるQPIDS試行プログラムの実施  米国の現行のシステムにおいては、登録料支払い後にIDSを提出して考慮させる為には、継続出願または継続審査要求(RCE)をすることが必要ですが、登録料支払い後にIDSをUSPTOに考慮させる"Quick ...
... 特許発行取下げ申請が認められると、審査官が速やかに検討し、審査の再開が妥当と判断されると、RCEが認められ、IDS料金は返還されます。 逆に審査の再開が不要と判断されると、修正されたNotice of Allowanceが発行され、RCEは却下され、RCE料金も返還されます。 2012/05/16 15:53:00 ...

続きを読む

米国:AFCP試行プログラム実施期間延長

...Pにより、Final後に可能になる補正や応答は以下のようなものです: 1.  The amendment places the application in condition for allowance by canceling claims or complying with formal requirement(s) in response to objection(s) made ...

続きを読む

米国:USPTOが、最終的なAIA施行規則の一部を公表(2)

...具体的な施行規則は以下からご覧頂けます。 http://www.gpo.gov/fdsys/pkg/FR-2012-08-14/pdf/2012-17917.pdf 補充審査制度においては、IDSとして提出し忘れた情報が有っても、その情報を提出しなかったことが情報開示義務違反に当たるかを特許庁に判定してもらい、もし違反に当たるようならば、当該情報に関する再審査を請求できるようになりました。...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作