affidavit 書き方

米国(3): 現在の米国における特許政策(並びに自明性審査とその対策)

...かったような効果に基づいて進歩性を主張することは原則的に許されません。) また、米国において「予想外の優れた効果」の立証に有効なツールとして、37 C.F.R. 1.132に基づく宣誓書(affidavit)又は宣言書(declaration)(以下、纏めて「宣誓供述書」)があります。この宣誓供述書形式で提出された証言やデータについては、審査官は、公知文献や専門家の見解書と同等の証拠として真摯...

続きを読む

進歩性の拒絶への対応(Part 2)

...よって証明することによって進歩性(非自明性)を立証することが出来ます。 米国における宣誓供述書: 米国であれば、上記のような追加実験を37 C.F.R. § 1.132に基づく宣誓書(affidavit)又は宣言書(declaration)(以下、纏めて「宣誓供述書」)として提出します。また、上記したように出願明細書に記載されている実施例のデータに基づいて非自明性を主張するような場合におい...

続きを読む

宣誓供述書の書き方について(1):米国(Part 1)

... 今回は、米国出願における37 C.F.R. § 1.132に基づくDeclaration又はAffidavit(以下、纏めて「宣誓供述書」と証す)の書式についてご説明します。(宣誓供述書で証明が可能な事項については、こちらで説明しております。) 1.形式的な要件  宣誓供述書に記載する事項は、...

続きを読む

パラメータ発明、パラメータ特許について(Part 2 国毎の記載要件など)

...細書に根拠の無い効果に関する実験証明の提出なども認められており、出願後の実験証明書の提出に関しては寛容です。その様な実験証明書を提出する場合、37 C.F.R. § 1.132に基づく宣誓書(affidavit)又は宣言書(declaration)の形式で提出することが望ましいと考えられています。 欧州: 明細書の開示不十分を補う目的での実験証明書の提出は認められていません。 しかし、上記...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作