QPIDS 登録料納付前

米国(2): RCE (Request for Continued Examination)

... is closed)が、出願が生きている段階であれば請求することができます。具体的には、例えば、以下のような状況で、RCEが可能です。 ・ 最後の審査通知(Final Action)発行後で且つ出願放棄確定前 ・ 許可通知(Notice of Allowance)発行後で且つ登録料納付前 ・ USPTO審判部における審判係属中 審判請求書(Notice of Appeal)提出後に、RCEした場合には、審判請求は取り下げられたとみなされ、審査が再開されます。 審査中で最新の審査通知がfinalで無い場合には、RCEは認められません。 ...
... Action)後に提出された補正や証拠を審査官に考慮させるためには、RCE等の手続きが必要になることが多いが、AFCP試行プログラムでは、Final後に提出された補正や新たな証拠について、限定的な(特許で約3時間、意匠で約1時間以内で済むような)検討や調査によって、該補正や証拠により特許査定できるとの判断が可能な場合、RCE等を行わずに補正や証拠を審査官に考慮させることが可能。 ・ Quick Path Information Disclosure Statement (QPIDS)試行プログラム(試行期間:2018年9月30日まで(当初、2016年9月30日までの予定だったが延長された)) 米国の現行のシステムにおいては、登録料支払い後にIDSを提出して考慮させる為には、RCEや継続出願が必要だが、QPIDS)試行プログラムでは、登録料支払い後にIDSをUSPTOに考慮させることが可能。 ...

続きを読む

米国(4): 情報開示義務(IDS)

...月23日までの暫定的な試行プログラムとして、登録料支払い後にIDSをUSPTOに考慮させることを可能にするQuick Path Information Disclosure Statement (QPIDS)が実施されています。) 不衡平行為(inequitable conduct) 特許成立後に、情報開示義務違反が認められると、権利行使不能(unenforceable)となってしまいます...

続きを読む

米国:QPIDS試行プログラム

... 米国:登録料支払い後にIDSをUSPTOに考慮させるQPIDS試行プログラムの実施  米国の現行のシステムにおいては、登録料支払い後にIDSを提出して考慮させる為には、継続出願または継続審査要求(RCE)をすることが必要ですが、登録料支払い後にIDSをU...

続きを読む

米国:AFCP及びQPSIDの施行期間の延長

...12年9月30日まで延長され、この度2012年12月15日まで再度延長されることとなりました。 AFCPプログラムの概要についてはこちらで説明しておりますのでご参考下さい。 USPTO: QPIDS試行期間を2012年12月15日まで延長 米国特許商標庁(USPTO)は、登録料支払い後にIDSをUSPTOに考慮させる"Quick Path Information Disclosure ...

続きを読む

米国:AFCP、QPSIDの施行期間の更なる延長

...3年9月30日迄となっておりましたが、更に2018年9月30日まで延長されることとなりました。 AFCPプログラムの概要についてはこちらで説明しておりますのでご参考下さい。 USPTO: QPIDS試行期間を2018年9月30日まで延長 米国特許商標庁(USPTO)は、登録料支払い後にIDSをUSPTOに考慮させる"Quick Path Information Disclosure S...

続きを読む

米国:AFCP、QPSIDの施行期間の更なる延長

...年9月30日迄となっておりましたが、更に2013年12月14日まで延長されることとなりました。 AFCPプログラムの概要についてはこちらで説明しておりますのでご参考下さい。 USPTO: QPIDS試行期間を2013年12月14日まで延長 米国特許商標庁(USPTO)は、登録料支払い後にIDSをUSPTOに考慮させる"Quick Path Information Disclosure ...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作