MPEP2112

パラメータ発明、パラメータ特許について(Part 4 新規性・進歩性)

...の合理的な疑い」に基づいて新規性欠如の拒絶を出すことが出来ます。 米国: 米国の審査基準においては"Doctrine of inherency"(固有性の原則)に基づいて判断されます(MPEP2112)。米国においては、inherency(固有性、内在性)は、新規性欠如(anticipation)のprima facie case [(反証がないかぎり申し立てどおりになる)一応の証明がある...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作