MPEP 2145 組合せ

米国(3): 現在の米国における特許政策(並びに自明性審査とその対策)

...おり、本人自身の知識によって行う全ての陳述が真実であること・・・を宣言する」と宣誓して署名するものです。 37 C.F.R. § 1.132の宣誓供述書の詳細については、以下をご参考下さい: MPEP §716.01(a)、MPEP§716.01(c) また、宣誓供述書については、こちら にもより具体的な説明と、弊所で作成した宣誓供述書のサンプルを幾つか掲載しておりますので、参考までにご覧...

続きを読む

米国(6): 早期審査・審査促進(特許審査ハイウェイ(PPH)等)

...gy resources)、対テロリズム(countering terrorism)に関するものの場合 [注:しばしば誤解されている方がいらっしゃるようですので、念のために指摘しておきますと、MPEP 708.02のサブセクションI-II及びV-XII(製造の予定や侵害されている等の事情や組み換えDNA、超伝導など特殊発明に関する要件)は、2006年8月25日以前の申請に関する要件であり、現時...

続きを読む

欧州(5): 審査

...could"(「したかもしれない」や「した可能性がある」)では「自明であった」とは言えず、"would"(「したであろう」)であった場合に「自明であった」と判断されます。この"would"は、米国MPEPにおける"with reasonable expectation of success"(「合理的成功の見込みをもって」)とほぼ同意と考えて良いと思います。] 審査に要する期間 欧州は審...

続きを読む

欧州(10): 費用

...が、欧州にはそのような制度はありません。 米国における“small entity”の定義につきましてはこちらをご覧下さい http://www.uspto.gov/web/offices/pac/mpep/documents/appxr_1_27.htm) また、欧州特許庁によって、特許性を認められたらその後指定国への登録手続きを取ることになり、この登録手続きに関する費用が必要になります。こ...

続きを読む

米国(1)

...本における特許出願の場合は、請求項が発明の詳細な説明によりサポートされていなければならないと規定されている(特許法第36条6項1号)が、米国の場合も同様の規定があるか? A. 米国の審査基準(MPEP)にも、日本特許法第36条6項1号の規定に相当する規定が有ります。即ち、MPEP § 608.01(g)及び608.01(o)には以下の規定が有ります。 608.01(g)   Detaile...

続きを読む

欧州(1)

...could"(「したかもしれない」や「した可能性がある」)では「自明であった」とは言えず、"would"(「したであろう」)であった場合に「自明であった」と判断されます。この"would"は、米国MPEPにおける"with reasonable expectation of success"(「合理的成功の見込みをもって」)とほぼ同意と考えて良いと思います。] 国毎に独自の進歩性判断のテストが...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作