JPO 先願の地位の拡大

米国(6): 早期審査・審査促進(特許審査ハイウェイ(PPH)等)

...、他国の審査結果に従い直ちに特許許可するとは限らないということは念頭に入れておく必要があります。 PPHの申請に関する情報は、日本特許庁のホームページに公開されています。(http://www.jpo.go.jp/torikumi/t_torikumi/highway_pilot_program.htm) [III-2] 日本国特許庁の国内出願の審査結果を利用した特許審査ハイウェイ(PPH...

続きを読む

欧州(3): 調査報告(サーチレポート)に対する応答と自発補正

...(2))から6ヶ月以内 Case 3: 英語でPCT出願 → 欧州移行 (国際調査機関及び国際予備審査機関として、JPO又はEPOのいずれかを選択できる) JPOの場合(Case 3-1)   EESR (SESR+調査見解書)  EESR公開の約1ヶ月後に発行される応答要求の通知(規則70(2)、70a(2))から6ヶ月以内 ...

続きを読む

欧州(8): 新規性喪失の例外規定

...したにも関わらず、貴社の発明を公開してしまったような場合。) ②公のまたは公に認められた国際博覧会における出願人またはその法律上の前権利者によって発明が開示された場合。(http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/fips/epo/pc/chap3.htm) 上記②についてですが、ここでの「公に認められた国際博覧会」とは所謂「万博」であり、何年かに一度し...

続きを読む

欧州(9): 早期審査・審査促進(特許審査ハイウェイ(PPH)等)

...対して応答期間の延長を行わずに応答することが要求され、もし延長してしまうと、通常審査に戻されてしまいます。 特許審査ハイウェイ(PPH) 2010年1月29日から開始されていた日本国特許庁(JPO)-欧州特許庁(EPO)間の特許審査ハイウェイ(PPH)試行プログラムは2012年1月28日に一旦終了しましたが、要件を改定した上で、PPH施行プログラムが継続されます。この施行期間は、2012年...

続きを読む

中国(5): 早期審査・審査促進(特許審査ハイウェイ(PPH)等)

...、特許と実用新案を同時出願するのであれば、中国を第一国として出願するか、最初の日本出願から1年以内にパリ優先権を主張して出願する必要があります。 特許審査ハイウェイ(PPH) 日本国特許庁(JPO)と中国国家知識産権局(SIPO)は、特許審査ハイウェイ試行プログラムを2011年11月1日より実施しており、2012年10月31日に一旦終了しますが、更に1年間この試行期間が延長されました。延長...

続きを読む

韓国(3): 特許審査ハイウェイ(PPH)

...果に従い直ちに韓国特許出願も許可するとは限らないということは念頭に入れておく必要があります。 PPHの申請に関する情報は、日本特許庁のホームページに公開されています。 (http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/t_torikumi/patent_highway.htm) [II] 日本国特許庁の国内出願の審査結果を利用した特...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作