Hilmer ドクトリン

米国(1): 先発明主義から先願主義への移行とグレースピリオド(発明公開後の出願猶予期間)

... 即ち、旧法の102条(a)においては、例えば米国特許出願人による発明の前に日本で既に公然実施されていた技術によって米国出願の発明の新規性が否定されることはなかったが、新法の102条(a)(1)では、そのような米国外における公然実施によっても米国出願の発明の新規性が否定されることとなった(但し、米国外で公然実施した技術の発明者や共同発明者(又は発明者若しくは共同発明者により開示された技術を獲得した他人)などが公然実施を開始した日から1年以内に該発明者本人が米国出願した場合を除く)。 2. ヒルマードクトリンHilmer Doctrine)の廃止 米国以外の第一国出願の出願日も後願排除目的に有効な出願日(effective filing date)として認められることになった。 旧法の102条(e)では、所謂「ヒルマードクトリン(Hilmer ...

続きを読む

米国(1)

... なお、米国特許法第102条(a)項(2)号における「先願」としての基準日、即ち、後願排除の有効日については、こちらで詳しく述べましたように、2011年の改正法(AIA)により、旧法の102条(e)における所謂「ヒルマードクトリンHilmer Doctrine)」が廃止されました。これにより、米国以外の第一国出願の出願日も後願排除目的に有効な出願日(effective filing date)として認められることになりましたので、パリ条約に基づく優先日が後願排除の有効日とみなされることになり、また、PCT出願は(その出願言語に関わらず)、優先権主張していれば優先日、優先権主張していなければ国際出願日が、後願排除の有効日とみなされることになります。 ...

続きを読む

各国における先行技術の定義と新規性喪失の例外(Part 1)

... - 公知公用については、国内公知から世界公知へ変更(新規性阻害事由となる公知公用について、国内のみならず外国における公知、公然の実施や文献の公開を先行技術に含めることになった。詳細な説明はこちら。) - 所謂「ヒルマードクトリンHilmer Doctrine)」の廃止(旧法下では、米国特許出願の外国優先権主張日が、他の米国特許出願に対する先行技術の効力発生日として認められなかったが、新法下では認められるようになった。詳細な説明はこちら。) ...

続きを読む

米国(3)

... A. 2013年3月16日より前に出願できるのであれば、敢えて出願を遅らせることに特にメリットは無いと考えます。むしろ、先願主義に移行する前に出願した方が有利です。 2013年3月16日以前に、先発明主義下で出願するメリットとしては、以下のようなことが挙げられます: ・ 先発明主義下では、出願日より前の発明日まで遡ることが出来る可能性が有る。 ・ 先発明主義下では、ヒルマードクトリンHilmer Doctrine)により、先行技術が制限される。 ・ 先発明主義下では、広範な異議理由を認める付与後異議申立(Post-grant review)の対象とならない。 ヒルマードクトリンについては、こちらを、付与後異議申立(Post-grant ...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作