EESR 回答

知財Tips(各国実務比較,Q&A等)

... 主に海外での知的財産権に関する情報を掲載します。情報は順次、更新・追加していきます。質疑応答の部分は、実際に弊所がお客様から質問を受けて回答した例を掲載しています。かなりマイナーでトリビア的なものもございますが、同じような情報を求めている方もいらっしゃるかと思いますので、お役に立てればと思い公開いたします。 ...

続きを読む

弊所の特徴

...富な経験 多くの外国特許案件を担当しても、ただ現地との連絡をしているだけでは技術は向上しません。 弊所の外国特許案件の担当者は、自ら明細書の作成のみならず米国や欧州特許庁による拒絶に対する回答書作成などを何百件とこなした10年以上の経験者です。後述致しますように、米国や欧州の特許庁による拒絶に対する回答書などであっても弊所が英語で作成したものがほぼそのまま提出されます。これは、弊所が現地...

続きを読む

外国出願

... 外国へ各種知的財産権取得のための出願業務[特許協力条約(PCT)に基づく国際特許出願やマドリッドプロトコルに基づく国際登録商標出願を含む]並びに出願後の諸手続き(拒絶理由通知に対する回答書や審判理由補充書の作成及び提出など)を行います。 (1-1) 井上&アソシエイツでは、外国出願制度に精通した技術者並びに事務担当者が出願から登録までの手続を行うだけでなく、海外各国に、長年...

続きを読む

課題1:出願明細書の質と出願コストのバランス

...願用明細書を作成します。 いずれも当たり前のことではありますが、これらを適切に行うには豊富な経験が必要です。 井上&アソシエイツの担当者は、上記した通り、米国・欧州の特許庁による拒絶に対する回答書なども数百件とこなしてきた経験者ですので、外国出願用明細書に何が要求されるのか知り尽くしております。 質の高い明細書を作成することにかける熱意及び技術については、他の特許事務所に劣ることはあり...

続きを読む

課題2:中間処理(拒絶理由通知に対する応答など)の効率化とコスト低減

...ると高額な請求が来てコストが大きく膨らんでしまうということもあります。 課題2に対する弊所の対応 弊所の外国出願担当者は、上で述べたように、明細書の作成は勿論、米国・欧州特許庁の拒絶に対する回答書や外国での係争における理由書・答弁書などの作成も基本的に自ら行いますので、上記のような問題は起りません。 外国出願であっても、成功するか否かは我々の責任であるという認識を常に持って対応します...

続きを読む

課題3:外国代理人費用の抑制

... office action)を受けて継続審査請求(RCE)というような状況になると、それで中間処理の費用は100万円を超えてしまうと思います。 極端な例では高名な米国弁護士に標準的な難易度の回答書を1回作成させたら500万円を超える請求が来たという話を聞いたことが有ります。 課題3に対する弊所の対応 どのようにすれば中間処理に関する現地からの請求額を減らせるかと考えると、やはり明細...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作