102(e) 発明日

米国(1): 先発明主義から先願主義への移行とグレースピリオド(発明公開後の出願猶予期間)

...を開示する出願Bが、出願Aの優先日よりも後であり、米国出願日よりも前である2011年6月1日に出願された場合、出願Aは出願Bに対するPrior Art(先行技術)とは認められなかった(但し、出願Aの発明日を発明Bの発明日よりも前に遡及(swear-back)させることが出来る場合を除く)。しかし、改正法下では、この出願Aが後願排除の効力を発揮する日は優先日である2011年4月1日となり、上記出願B...

続きを読む

米国(3)

...先願主義に移行する前に出願した方が有利です。 2013年3月16日以前に、先発明主義下で出願するメリットとしては、以下のようなことが挙げられます: ・ 先発明主義下では、出願日より前の発明日まで遡ることが出来る可能性が有る。 ・ 先発明主義下では、ヒルマードクトリン(Hilmer Doctrine)により、先行技術が制限される。 ・ 先発明主義下では、広範な異議理由を...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作