IDS サーチレポート 文献 全て

ホーム

...絶の回避や外国代理人費用の低減によりコスト削減も可能になります。 弊所のスタッフは、外国特許実務に精通し且つ英語力及び論理構成力に優れ、明細書の作成から拒絶に対する応答や係争関連の書類の作成まで全て自ら行います。 欧米の代理人も、弊所の実力を認めた上で弊所が作成した書類を実質的な変更をせずに提出します(英語の場合)。 このような業務形態は、審査が厳しく現地費用も高い米国や欧州において特...

続きを読む

外国特許の課題と解決策

... ほぼ全ての出願人にとって、外国特許出願に関する質の向上と経費削減の両立ということが最大の課題であると思います。弊所は、この課題に以下のように取り組みます。 ...

続きを読む

取得済米国特許一例

... これまでに井上&アソシエイツで担当して取得した国内外特許は膨大な数にのぼり、ここに全て挙げることは不可能ですので、ご参考のためにこれまでに井上&アソシエイツで取得した米国特許のほんの一部ですが、以下にその例を紹介させていただきます。これらの例からも分かりますように、外国特許出願明細書...

続きを読む

特許の質の向上とコスト削減の両立

... ご依頼いただければ詳細なお見積をお出しいたします(無料)。 井上&アソシエイツは、英文明細書作成から現地への連絡まで全て担当の特許技術者が行うため、書類の質には絶対的な自信があり、それによってと特許の質を向上させるだけでなく、無駄な拒絶を受けることを回避し、総合的なコストダウンにご貢献できると考えております。 ...

続きを読む

課題2:中間処理(拒絶理由通知に対する応答など)の効率化とコスト低減

... 弊所は、他の特許事務所で出願した案件が難しい状況に陥ってから中途で引き受けたことが何度か有りますが、これまで全て成功に導いております。即ち、そのような案件は全て先任の国内外代理人の検討不足によるものであったということになりますが、外国特許出願の場合には、責任の所在が不明確になり、検討不足の状態が生じ易いという...

続きを読む

米国(1): 先発明主義から先願主義への移行とグレースピリオド(発明公開後の出願猶予期間)

...雑な手続きを省くことで特許庁における手続きを効率化し、70万件にも及ぶ未処理案件(backlog)を減ずることにあります。 Prior art(先行技術)の定義拡張 日本を含む米国以外のほぼ全ての国は先願主義を採用していますので、今回の米国の先願主義への移行は、米国外における特許実務に与える影響は少ないと思われます。 しかし、先願主義への移行に伴いPrior art(先行技術)の定義が...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作