選択発明

課題1:出願明細書の質と出願コストのバランス

...・比較例の追加や審査段階において許容範囲内での減縮を可能にする記載の追加など) また、発明が属する技術分野、クレームの形式(物、方法、プロダクト-バイ-プロセスなど)、発明の種類(用途発明、選択発明、特殊パラメータ発明など)及び出願する国による要求の違いも充分に考慮に入れた上で、外国出願用明細書を作成します。 いずれも当たり前のことではありますが、これらを適切に行うには豊富な経験が必要で...

続きを読む

欧州(5): 審査

...許可された後に、所望の指定国への登録を行いますが、無効訴訟などは国毎に行われ、またその際はその国の法律に基づいて、特許の有効性が判断されます。 特に、ドイツはEPC加盟国でありながら、ドイツで選択発明が認められるか定かで無い点に注意が必要です。このことは、選択発明を認めているEPOにより許可された特許をドイツに登録しても、ドイツでは無効にされる可能性が有ることを意味します。 また、EPC加...

続きを読む

新規性の拒絶への対応

...ューからご覧下さい。 また発明が、単一の先行技術に含まれていなかったことが明白な要素を含んでいれば、その発明の新規性は認められる筈ですが、この点が明らかでない場合が有ります。典型的には、所謂「選択発明」(公知技術から特定の狭い範囲を抜き出した発明)や「(特殊)パラメータ発明」(従来知られていなかったパラメータで定義された発明)が、これに当たります。そのような場合、国によって判断基準が異なること...

続きを読む

選択発明(selection invention)について

... 1.「選択発明」の定義と特許性判断 「選択発明」には、主に「化合物の選択」と「数値範囲の選択」に関する発明があります。 「化合物の選択」は、例えば先行技術において広く定義されていた化合物の中から特定の種...

続きを読む

パラメータ発明、パラメータ特許について(Part 1 定義など)

... [I] 「パラメータ発明」、「パラメータ特許」の定義と一般的な注意事項 「パラメータ発明」には厳密な定義はなく、しばしば「選択発明」(数値範囲の限定に関するもの)と混同されます。(「パラメータ発明」に対して付された特許が「パラメータ特許」。)広義には「選択発明」も「パラメータ発明」の一種と言えますが、本稿では従来知られていな...

続きを読む

欧州(2)

...90/96が、元々、公知化合物の純度については「従来知られていなくても新規性なし」という一種の矛盾を含んでいるもので、このような理屈を採用しているものと考えます。換言すれば、これらの判例はいずれも選択発明の審査基準に沿って判断されたものと思料いたします。EPOにおける選択発明の新規性判断基準において、以前は「選択された範囲に発明としての効果が有ること」も要求されておりました。現在は、この要件は進歩...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作