英文明細書 優先権に関する記載

取得済米国特許一例

...紹介させていただきます。これらの例からも分かりますように、外国特許出願明細書については他の追随を許さない高品質なものをご提供することができます。 (尚、弊所で外国出願を扱う場合、弊所で作成した英文明細書を外国代理人にチェックさせても実質的に変更がないことが殆どであり、補正なども弊所の指示通りのものが提出されるので、以下の米国特許明細書は井上&アソシエイツで作成したものと考えていただいて結構です...

続きを読む

特許出願明細書の中国語翻訳に関する問題点

...し、これが深刻な誤訳問題を生じさせている大きな原因の1つであると考えます。中国語明細書の品質向上を考えるならば、日本語明細書からの翻訳は避け、(必要に応じて日本語明細書は参考資料として利用しつつ)英文明細書から翻訳させることが賢明であると信じます。理由は3つあります。 1. 日本語が国際的にはマイナーな言語であることによる、有能な翻訳者と翻訳をチェックできる弁理士の絶対数の少なさ 2. 日...

続きを読む

井上&アソシエイツにおける対策

... 弊所は英文特許明細書の質には絶対的な自信が有ります。弊所では、単なる翻訳者は一切使用せずに、高い英語力を有する特許技術者自身が、発明を完全に理解した上で外国特許出願用英文明細書を作成します。 一般の特許事務所の場合、通常、外国特許出願用の明細書は、翻訳者が作成します。翻訳者は、特許や技術に関する知識が十分で無く且つノルマにも追わ れているため、不明確な記載や不正確...

続きを読む

特許の質の向上とコスト削減の両立

... ご依頼いただければ詳細なお見積をお出しいたします(無料)。 井上&アソシエイツは、英文明細書作成から現地への連絡まで全て担当の特許技術者が行うため、書類の質には絶対的な自信があり、それによってと特許の質を向上させるだけでなく、無駄な拒絶を受けることを回避し、総合的なコストダウンにご貢献で...

続きを読む

課題2:中間処理(拒絶理由通知に対する応答など)の効率化とコスト低減

...状態が生じ易いということがあると思います。その原因として以下のようなことが考えられます。 (1)外国出願の日本国内特許事務所における扱いに関しては、言語と法律の違いにより、翻訳者が外国出願用英文明細書を作成し、その後の対応は外国代理人に一任に近い形になる。即ち、日本出願明細書(若しくはPCT出願和文明細書)を作成した本人は、外国出願で使用する英文明細書の作成にも、その後の中間処理においても余...

続きを読む

中国(5): 早期審査・審査促進(特許審査ハイウェイ(PPH)等)

...審査報告のうち、最新に発行されたものにおいて特許性(新規性・進歩性・産業上利用可能性のいずれも)「有り」と示された請求項が少なくとも1つ存在することが要求されます。 日本でPCT出願する場合、英文明細書で出願した場合は、国際調査機関、国際予備審査機関としてEPOを指定することも出来ますが、その場合、中国出願についてPCT-PPHを利用することは出来ません。 また、PCT-PPH申請の基礎と...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作