継続出願 ダブルパテント 米国 出願放棄 

米国(2): RCE (Request for Continued Examination)

...ラム(試行期間:2018年9月30日まで(当初、2016年9月30日までの予定だったが延長された)) 米国の現行のシステムにおいては、登録料支払い後にIDSを提出して考慮させる為には、RCEや継続出願が必要だが、QPIDS)試行プログラムでは、登録料支払い後にIDSをUSPTOに考慮させることが可能。 特にAFCPは、試行期間が延長されましたが、出願人や実務者にとって非常に有益な試みであ...

続きを読む

米国(4): 情報開示義務(IDS)

...れてから3ヶ月以内に提出する必要が有り、その旨を説明する陳述書を提出することが必要です(37 CFR 1.97(e))。3ヶ月を経過しているような場合には、その情報をIDSとして考慮させる為には、継続出願または継続審査要求(RCE)をすることが必要になります。 また、登録料支払い後にIDSを提出する際も、それを考慮させる為には、継続出願または継続審査要求(RCE)をすることが必要になります。(...

続きを読む

米国(6): 早期審査・審査促進(特許審査ハイウェイ(PPH)等)

...) 近年の米国特許庁における審査の遅延状況を考えると魅力的な制度では有りますが、この制度には以下のような制約やデメリットが有ります: (1)優先審査の請求は、特許出願(パリ優先権主張出願、継続出願、分割出願を含む)若しくはRCEと同時に行うことが必要 (2)PCT経由の米国出願は対象外(但し、継続出願やRCEを行って、それと同時に優先審査を請求することは可能) (3)費用が非常に高...

続きを読む

外国特許出願に係るその他諸手続の料金

... 手続き名 井上手数料(基本料金)(円) 書類作成料(英語)(難易度やボリュームによる) 分割・継続出願 100,000 分割・継続出願用の請求項作成やサポートの説明など:通常3~15万円程度 継続審査要求(Request for Continued Examination;RCE...

続きを読む

米国:QPIDS試行プログラム

... 米国:登録料支払い後にIDSをUSPTOに考慮させるQPIDS試行プログラムの実施  米国の現行のシステムにおいては、登録料支払い後にIDSを提出して考慮させる為には、継続出願または継続審査要求(RCE)をすることが必要ですが、登録料支払い後にIDSをUSPTOに考慮させる"Quick Path Information Disclosure Statement" (Q...

続きを読む

米国(2)

... Actionに回答する義務があり、上記6ヶ月の期間内に許可通知がもらえそうにないときには、出願人は上記6ヶ月の期間内にRCEや審判請求を行うなど出願を継続させるための手続きを取っておかなければならない、ということです。 Q. 米国における分割出願と継続出願との違いがよく分からないのだが? A. 米国では、Restriction指令により審査対象外となったクレームに関して出願し直す場合のみ"divisional application"(分割出願)と称し、自発的に行う「分割出願」は"continuation ...
... A. ある特許出願のクレームが、その出願と同一の発明者または譲受人による他の特許又は特許出願のクレームと同じでないにしても特許的に区別できない(not patentably distinct)と判断された時に、自明型(obviousness type)二重特許(ダブルパテント)の拒絶理由が出されます。Terminal Disclaimerは、この自明型二重特許の拒絶理由を解消するための手段です。 具体的には、Terminal Disclaimerを提出して、先願の特許権存続期間の満了日と一致させるように後願の特許権存続期間の一部を放棄することにより、自明型二重特許の拒絶を解消することができます(MPEP ...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作