知識があっても 技術が

新規性の拒絶への対応

... 出願人の方が「引用された先行技術には、自分の発明には不要な成分が含まれている」ということが新規性の根拠となり得ると考えていることが屡々あります。これは間違いであり、発明が新規である為には、従来技術が有していなかった特徴を有している必要が有ります。 例えば、ある発明Xが「成分(A)、成分(B)および成分(C)からなる組成物」であった場合、すでに出願公開されている特許文献(先行技術文献Y)に...

続きを読む

進歩性の拒絶への対応(Part 3)

... 異なる技術分野に属する先行技術文献の組み合わせ 進歩性欠如の拒絶は、殆どの場合、複数の先行技術文献の組み合わせにより自明というものです。 以前から実務において、先行技術文献が開示している技術が属する分野が異なるため組み合わせることが出来ないと指摘することが有効な手段の1つとして知られています。 しかし、特に近年は、殆どの国において単に属する技術分野が異なるという理由だけで、進歩性が...

続きを読む

進歩性(非自明性)の判断基準

...な相違点が一見非常に小さくとも、その相違点が、本発明と先行技術の目的が全く異なる為に生じたものであることが明らかであるような場合が挙げられます。例えば、本発明が屋外用の塗料組成物に関するもので、先行技術が屋内用の塗料組成物に関するものであり、本発明と先行技術の組成物は同一の成分から構成されている場合を想定します。ここで、本発明には、ある特定の成分(A)の量が、屋外用途のための耐候性を維持する目的で...

続きを読む

選択発明(selection invention)について

...特性等の点で全く別の物質になると考える(従って、一般式の記載のみから、そこに含まれる特定の化合物までも潜在的に開示されているとは考えない)ことが合理的であるケースは多いと思います。 一方で、先行技術が開示する連続的な数値範囲から、特定の狭い範囲が潜在的にも開示されていないと言えるのかということになると話は別であるように思われます。 例えば、ある混合物の組成に関して、先行技術にある成分の量が...

続きを読む

パラメータ発明、パラメータ特許について(Part 1 定義など)

...れていないか慎重に確認することが望ましいです。また、明細書本文に、パラメータについてクレームした範囲よりも狭い範囲を数通り記載し、またその効果も明らかに出来れば、仮に出願後にクレームした範囲内の先行技術が発見されたような場合にも、狭い範囲に減縮することで特許性を認めさせることが出来ることが有ります。これは、パラメータ発明に限らず、数値限定発明一般に言えることですが、何通りか数値範囲を記載しておくこ...

続きを読む

パラメータ発明、パラメータ特許について(Part 2 国毎の記載要件など)

...ったものですので、一見して先行技術においてそれが満たされているか分かりません。先行技術においてパラメータが満たされていなかったことを立証する際に、この特殊パラメータを満足するための方法について、先行技術が、全く開示していない、若しくは異なった製造方法を採用しているということを根拠にすることが多いからです。 パラメータ発明の製造方法が、先行技術に記載された方法と区別できないようなものであると、新...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作