発明者 宣誓書 ひな型

特許出願明細書の中国語翻訳に関する問題点

...表現が含まれてい ることが多く、このことが更に正確な翻訳を難しくしています。他方、英語は論理的な言語と言われており、英語に翻訳する過程で、日本語表現の曖昧さを解消 する必要が生じますので、時には発明者本人にまで確認するなどして、明確で論理的な明細書になるはずです。 また、我々が実際に和文明細書を英訳している際に、和文明細書を読んだ時には特に違和感を感じなかった日本語表現でも、いざ英訳する段...

続きを読む

米国(1): 先発明主義から先願主義への移行とグレースピリオド(発明公開後の出願猶予期間)

...stem")のように称されることもあり、先願主義に移行後、このグレースピリオドの制度がどのように活用されるのか注目が集まっています。 先発明主義から先願主義への移行 米国は、最初に発明をした発明者に特許権を与える先発明主義を採用しておりましたが、2011年の法改正により、原則的に最初に出願をした発明者に特許権を与える先願主義へ移行します。但し、この移行は直ちに行われるわけではなく、2013...

続きを読む

米国(3): 現在の米国における特許政策(並びに自明性審査とその対策)

...唆もされていなかったような効果に基づいて進歩性を主張することは原則的に許されません。) また、米国において「予想外の優れた効果」の立証に有効なツールとして、37 C.F.R. 1.132に基づく宣誓書(affidavit)又は宣言書(declaration)(以下、纏めて「宣誓供述書」)があります。この宣誓供述書形式で提出された証言やデータについては、審査官は、公知文献や専門家の見解書と同等の...

続きを読む

米国(4): 情報開示義務(IDS)

... Conduct(不衡平行為)の主張を抑制する方向の動きが顕著になってきています。 情報開示義務の規定(37 CFR 1.56) 米国においては、特許性に関する重要(material)な情報について、出願に関係する者(発明者、弁護士・弁理士、その他出願手続に関与した者)は公正かつ誠実に提供する義務があります。 提出すべき情報には、対応外国出願のサーチレポートにおける先行技術などが含まれ、そのような情報を、情報開示申告書(Information ...
... conduct)の訴えが認められる可能性は相当低くなったと思われます。しかし、上記のTherasense事件のCAFC大法廷からの差し戻し審においては、出願人が、関連のある先行技術の開示内容について、USPTOに対して提出した宣誓書の内容と矛盾した内容の意見書をEPOに提出しながら、このEPOに提出した意見書を、IDSとしてUSPTOに提出しなかったという事実に基づいて、「開示しなかった情報が特許性に及ぼす重要性」及び「情報隠蔽の意図の存在の明確性」の基準を共に満たすとして、不衡平行為の存在が認められてしまいましたので、やはり油断は禁物です。 ...

続きを読む

米国(6): 早期審査・審査促進(特許審査ハイウェイ(PPH)等)

...も多く聞かれます。(絶対に利用すべきではないと強く主張している米国の弁護士もいるようです。) 尚、この審査促進プログラムについて、以下の場合には、申請により(1)の費用が免除されます: - 発明者の少なくとも1人が、病気又は65歳以上の場合 - 発明が、環境改善(environmental quality)、エネルギー資源の開発又は省エネルギー(development or conse...

続きを読む

欧州(9): 早期審査・審査促進(特許審査ハイウェイ(PPH)等)

... 3. PPH申請時に提出する書類 PPHの申請書と共にJPOによる審査に関する以下の書類を提出する必要があります。 1) 日本で許可になったクレームと欧州出願のクレームの対応関係に関する宣誓書(Declaration)、 2) 日本特許庁が発行した全ての審査通知の写とその翻訳文(欧州特許庁公用語である英語、フランス語又はドイツ語のいずれか)、 3) 許可になった請求項及びその翻...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作