特許成立後 異議申し立て 中国

米国(4): 情報開示義務(IDS)

...能にするQuick Path Information Disclosure Statement (QPIDS)が実施されています。) 不衡平行為(inequitable conduct) 特許成立後に、情報開示義務違反が認められると、権利行使不能(unenforceable)となってしまいます。 以前は、情報開示義務違反の判断基準には、"sliding scale"と称されるアプローチ...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作