特許図面 効率化

ホーム

...務所全体としての能力を高いレベルに維持 スタッフ各々が海外特許実務のみならず特許英語のプロフェッショナル 高度な英文書類(外国特許出願明細書の翻訳文や英文の意見書など)の作成による審査手続の効率化や外国代理人費用などの削減 緊急の依頼対応可能 外国知財(特許、実用新案、商標、意匠など)のエキスパート 井上&アソシエイツの特徴 ご相談・お問合わせ 弊所は、35年以上知...

続きを読む

米国(1): 先発明主義から先願主義への移行とグレースピリオド(発明公開後の出願猶予期間)

...主義への移行の主要な目的は、国際的な調和(harmonization)を図ること及び抵触審査(Interference)手続きなどの先発明主義に由来する複雑な手続きを省くことで特許庁における手続きを効率化し、70万件にも及ぶ未処理案件(backlog)を減ずることにあります。 Prior art(先行技術)の定義拡張 日本を含む米国以外のほぼ全ての国は先願主義を採用していますので、今回の米...

続きを読む

米国(2): RCE (Request for Continued Examination)

...large entity$1,700、small entity$850に値上げされます(2013年1月18日に公表された新料金)。 RCEを不要にする制度の試行 RCE等を利用せずに、審査の効率化を図る目的で以下のような試行プログラムが実施されています。 ・ After Final Consideration Pilot 2.0 (AFCP 2.0) 試行プログラム (試行期間:201...

続きを読む

欧州(1): 概要

...存じの通り、欧州特許については、審査官の絶対数不足により審査に時間がかかり、非常に多くの未処理案件(backlog)を抱えていることが問題となっております。欧州特許庁(EPO)の負担を減じて、処理の効率化を図るということが2010年の規則改正の大きな目的の一つです。 "Raising the bar"というと、進歩性の審査基準などを厳格化するような印象を受けますが、実際にはそうではなく、審査手...

続きを読む

進歩性の拒絶への対応(Part 1)

...(【発明が解決しようとする課題】、【課題を解決するための手段】、【発明の効果】を含む)の項目において、課題・解決アプローチに沿って進歩性を明らかに出来るような明細書の構成にしておくと、出願後の審査の効率化が期待できます。 但し、【発明の概要】(Summary of the Invention)の項目において発明の効果について過剰に記載しすぎると、米国においては、明細書に記載された効果に基づいて...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作