比較例 teach away

米国(3): 現在の米国における特許政策(並びに自明性審査とその対策)

...を受けた場合の典型的な対応は以下の通りです: (a) 審査対象出願の発明や先行技術の開示内容に関する審査官の誤認を明らかにする。 (b) 先行技術の組み合わせに対する阻害要因(teach away)の存在を明らかにする。 (c) 予想外の優れた効果を明らかにする。 (d) 先行技術に教示・示唆されていない特徴をクレームに追加して、更にその特徴による予想外の優れた効果を明らかにする。...

続きを読む

進歩性の拒絶への対応(Part 2)

...的な対応は以下の通りです。 (A)審査対象出願の発明や先行技術の開示内容に関する審査官の誤認・誤解を明らかにする。 (B)先行技術を組み合わせることの困難性[例えば、阻害要因(teach away)の存在]を明らかにする。 (C)予想外の優れた効果を明らかにする。 (D)後知恵(hind-sight)や商業的成功(Commercial Success)を主張する。 (E)先行技...

続きを読む

「後知恵」(hind-sight)による拒絶に対処しやすい明細書作成について

...しておくことが重要です: (1) 当業者が、ポリマーA製造用の重合反応装置をポリマーBの製造に適用することを阻害する要因(いわゆる「阻害要因」または「阻害事由」)(英語では"teaching away"又は"negative teaching")の存在があったことを明らかにする。 (2) 上記(1)を明らかにした上で、先行技術と同じ又は類似の効果(例えば、選択率や転化率の向上など)を証明す...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作