機械技術 実施権 記載方法

米国(3): 現在の米国における特許政策(並びに自明性審査とその対策)

... プロパテント政策の変化 米国においては、プロパテント政策(発明技術の独占的実施権を可能にする特許による権利保護を重視する政策)が、1980年代後半にレーガン大統領により導入され今世紀初頭まで維持されてきましたが、世界的な不況が深刻化するにつれ、大きな変化が見られます。 不況...

続きを読む

米国における特許訂正の効力について - 再発行、再審査による補正に関する注意点 -

...特許クレームを訂正すると、訂正を受ける前の原特許クレームについては、権利放棄されたとみなされて訂正前に行われた第三者の行為に対する権利行使は不可能になり、訂正後の特許クレームに対しても第三者に一定の実施権が認められますので、注意が必要です。このことについて、以下具体的に説明します。 再発行(reissue)と再審査(reexamination)によるクレーム訂正 米国においては、特許ク...

続きを読む

米国(4)

...ervening rightによって制約を受ける("intervening right"は「中用権」と訳されることが多いが、日本の特許法における「中用権」、即ち、日本の特許法第80条に規定される通常実施権とは、意味が異なる)。詳しくは、「米国における特許訂正の効力について」の項を参照されたい。 Q. 米国でパテントトロールとおぼしき会社に特許侵害訴訟を提起された。訴訟が提起されたのは、パテント...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作