新規用途 特許 海外

医薬の用途発明(第2医薬用途など)について

...明示的な記載はないものの、過去にこういった出願が拒絶された理由は新規性の欠如ではなく、明細書の記載不備であったことから、権利化できる可能性はあります。韓国では特許対象外です。 -- 公知物質の新規用途に基づく医薬発明のクレームの書き方 -- 公知物質の新規用途に基づく医薬発明に関する特許出願を行う場合には、国によって特許の対象として認められる発明の種類(クレームの形式)が異なります。 ...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作