指定国料 ヨーロッパ パリ 法改正

各種出願料金(概算)

...ら指定国における登録までの現地代理人費用  (政府費用も含めて) : 約10~30万円/1ヶ国(出願国、現地代理人、審査通知の回数などによって大きく変動します) *出願時に特許庁に支払う「指定国料金」は国によって大きく異なります。さらに区分数が増えると指定国料金が増える国(例えば米国や中国)とそうでない国(例えばドイツ)があります。今回の例で言えば、米国¥82,000、ドイツ¥6,500、...

続きを読む

翻訳料金

... 弊所の英語は、米国やヨーロッパの代理人に高く評価され、特に難易度が高い意見書や答弁書なども弊所が作成した英文原稿がほぼそのまま現地特許庁に提出されております。弊所の翻訳サービスの概要につきましてはこちらをご覧下さい。 深い...

続きを読む

リンク集

...ganization 日本特許庁 Japan Patent Office アメリカ合衆国特許商標庁 United States Patent and Trademark Office ヨーロッパ特許庁(EPO) European Patent Office 欧州共同体商標意匠庁(OHIM) Office for Harmonization in the Internal Marke...

続きを読む

国や技術分野による実施例の必要性及び記載要件比較

... 明細書の実施例は、明細書の記載要件および実施可能要件を満たすために重要ですが、発明の種類や出願国によって必要な実施例の数や種類は異なります。日本出願および主要な出願国である米国、ヨーロッパ(EPO)、中国および韓国について、実施例の要件について説明します。 (1) 機械・電気分野の発明 一般的に、機械や装置などの構造体の発明の場合、従来技術に対する改良点や発明の構造的特徴の...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作