情報開示義務

米国(3): 現在の米国における特許政策(並びに自明性審査とその対策)

...quitable Conduct)の立証を困難にした)  - 補助的審査(Supplemental Examination)制度の導入(2011年のAmerica Invents Act)(情報開示義務(IDS)違反の救済措置) 特許出願に関する門戸は狭めない  - Bilski最高裁判決[Bilski v. Kappos, 130 S. Ct. 3218, 561 US, 177 L...

続きを読む

米国(4): 情報開示義務(IDS)

...数料を米国特許庁に支払う必要があります。そのような事情を考慮すると、基本的にはこれまでの管理体制を変えないことが望ましいと考えられます。以下、具体的に説明いたします。 概要と近年の動向 情報開示義務は、37 CFR 1.56に定められており、これによると、出願人とその関係者は、特許性に関する重要な(material)情報(対応外国出願のサーチレポートにおける先行技術を含む)を公正かつ誠実に...

続きを読む

米国:USPTOが、最終的なAIA施行規則の一部を公表(2)

....gov/fdsys/pkg/FR-2012-08-14/pdf/2012-17917.pdf 補充審査制度においては、IDSとして提出し忘れた情報が有っても、その情報を提出しなかったことが情報開示義務違反に当たるかを特許庁に判定してもらい、もし違反に当たるようならば、当該情報に関する再審査を請求できるようになりました。 情報開示義務違反(Inequitable Conduct)回避のため...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作