宣誓供述書 サンプル

翻訳業務

...ることをお約束します。 アフターサービスも万全です。品質には自信を持っておりますが、もし翻訳文の修正をご希望される場合には、ご納得頂けるまで何度でも無料で対応致します。 本サイトに、翻訳のサンプルを幾つか掲載しております。また、事前に弊所の翻訳の品質を確認して頂くための無料のトライアル翻訳やチェック・校正(プルーフ・リーディング)も受け付けておりますので、どうぞご利用下さい。 ...

続きを読む

翻訳サンプル(特許以外のものを含む)

... 様々な分野における 翻訳サンプル 弊所の英語力は、海外のパテントアトーニーにも高く評価されております。 我々は、常に以下の点に注意して翻訳業務を行っております。 1. 正確であること。 2. 上っ面の翻訳ではなく...

続きを読む

米国(3): 現在の米国における特許政策(並びに自明性審査とその対策)

... 上記(c)の「予想外の優れた効果」に関しては、米国の特許プラクティスの1つの大きな特徴として、出願明細書に記載されていない効果について、出願後に主張することが可能です。(日本や欧州においては、出願時の明細書に教示も示唆もされていなかったような効果に基づいて進歩性を主張することは原則的に許されません。) また、米国において「予想外の優れた効果」の立証に有効なツールとして、37 C.F.R. 1.132に基づく宣誓書(affidavit)又は宣言書(declaration)(以下、纏めて「宣誓供述書」)があります。この宣誓供述書形式で提出された証言やデータについては、審査官は、公知文献や専門家の見解書と同等の証拠として真摯に検討することが義務付けられています。この宣誓供述書は、最後に文字通り「署名者は、故意の虚偽陳述及びそれに類するものは、18 ...
... 1.132の宣誓供述書の詳細については、以下をご参考下さい: MPEP §716.01(a)、MPEP§716.01(c) また、宣誓供述書については、こちら にもより具体的な説明と、弊所で作成した宣誓供述書のサンプルを幾つか掲載しておりますので、参考までにご覧下さい。 他の国では一般的に審査段階では宣誓供述書の形式での提出は要求されません。しかし欧州の場合、審査の段階では実験証明書を宣誓供述書の形式にする必要はありませんが、異議申立手続きや審判手続きにおいては宣誓供述書の形式にすることが要求されます。 ...

続きを読む

欧州(1)

...、異議を取下げた異議申立人の当事者としての地位が維持されることがあるが、そのような場合おいて、異議申立人は積極的に参加することを要求されない。 Q. 欧州においても米国のように実験証明書などを宣誓供述書の形式で提出することは有効か? A. 欧州では、審査の段階では、追加の実験データ等を宣誓供述書の形で提出する必要はないと言われております。しかし、極めて重要なデータなどは宣誓供述書の形で...

続きを読む

進歩性の拒絶への対応(Part 2)

... 上記したような発明Xの場合に、阻害要因はないとしても、成分(a)と成分(b)とを組み合わせることによって特段のメリットが得られることが教示も示唆もされていなかった場合、成分Aと成分Bとの組み合わせによって、非常に優れた効果が得られるということを明細書の実施例・比較例に参照して説明する、若しくは追加実験によって証明することによって進歩性(非自明性)を立証することが出来ます。 米国における宣誓供述書: 米国であれば、上記のような追加実験を37 C.F.R. § 1.132に基づく宣誓書(affidavit)又は宣言書(declaration)(以下、纏めて「宣誓供述書」)として提出します。また、上記したように出願明細書に記載されている実施例のデータに基づいて非自明性を主張するような場合においても、実施例のデータに基づく考察(observation)を宣誓供述書の形として提出することが有効です。即ち、明細書に既に記載されている事項であっても、署名者が内容の信憑性に関して宣誓した宣誓供述書の形式で提出すれば、単に意見書中で実施例に参照して議論する場合と異なり、学術論文などの公知文献や専門家の見解書と同等の証拠として扱われます。 ...
... 1.132の宣誓供述書の詳細については、以下をご参考下さい: MPEP §716.01(a)、MPEP§716.01(c) また、宣誓供述書については、こちら にもより具体的な説明と、弊所で作成した宣誓供述書のサンプルを幾つか掲載しておりますので、参考までにご覧下さい。 実験報告書についての注意点: (i)実施例の後出し: 上記の効果が出願当時の明細書に全く教示も示唆もされていない効果について、出願後に追加実験において初めてその効果を主張するようことは、日本を含む多くの国(米国を除く)では認められません。そのような主張を認めてしまうと、実際には出願当時には有用性が確認されていないかった発明について、特許を認めてしまうことになるからです。 ...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作