多項クレーム 禁止

米国(3): 現在の米国における特許政策(並びに自明性審査とその対策)

...ような組織のことです。このパテント・トロールの暗躍は、質の低い特許を乱発したことによる弊害であると言われております。 一般的には、近年の不況に伴い、プロパテントからアンチパテント(特許権より独占禁止法の遵守に重きを置く政策)へシフトしたと言われることが多いようですが、一概に、完全にアンチパテントへ傾いたと断言することは難しいようです。 近年の出来事を見ると、審査基準の厳格化や権利行使の範囲を...

続きを読む

中国(1)

... Q. 米国、韓国、中国では先行するほかの多数項従属クレームに更に多項従属させることが禁止されているが、中国の場合は、米国及び韓国とはルールが違うように思うが? A. 中国の場合は、米国及び韓国とはルールが違います。 例えば、「【請求項4】請求項1~3に記載の化合物と・・・とを含...

続きを読む

出願時に公開されていなかった先願に対する新規性(拡大先願、準公知等)と進歩性(非自明性)

...されていれば新規性を認められません。この様な出願時未公開先願に関する規定は、日本では、一般に「準公知」や「拡大された先願の地位(拡大先願)」(特許法29条の2)と称されます。また、所謂「二重特許」を禁止するため、先願と後願の請求項の比較に基づく新規性の判断が、特許法39条(先後願)に規定されています。 以下の説明においては、特許法29条の2の規定(拡大先願)と特許法39条の規定(先後願)を特に...

続きを読む

パラメータ発明、パラメータ特許について(Part 2 国毎の記載要件など)

...メータ発明」について主要国での取り扱いの相違 (II-1)パラメータ発明を許容しているか否か: 日本、米国、欧州、中国、韓国などを含む主要な国で、所謂「特殊パラメータ」で発明を規定することが禁止されている国は有りません。 欧州や中国では、審査基準に、発明をパラメータで特徴付けることは、発明を他の方法で十分に規定することが出来ない場合に限り許されるべきという趣旨の規定が有ります(EPO審...

続きを読む

米国:USPTOが、最終的なAIA施行規則の一部を公表(2)

...): 通常の付与後異議申立手続では、そこで実際に提示した根拠や提示できたはずと合理的に判断できる根拠に基づく主張については、エストッペル(禁反言)によって後の訴訟などの手続きで同様の主張をすることは禁止されるが、「ビジネス方法特許のための暫定プログラム」においては、エストッペルの対象となるのは、実際に異議申立で主張した根拠のみ。 3) 申請時期: 通常の付与後異議申立手続では、許可後9ヶ月...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作