国際登録 更新 指定国を増やす

外国出願

... 外国へ各種知的財産権取得のための出願業務[特許協力条約(PCT)に基づく国際特許出願やマドリッドプロトコルに基づく国際登録商標出願を含む]並びに出願後の諸手続き(拒絶理由通知に対する回答書や審判理由補充書の作成及び提出など)を行います。 (1-1) 井上&アソシエイツでは、外国出願制度に精通した技術者並びに事...

続きを読む

各種出願料金(概算)

... (区分数や指定国*及びその数により大きく変動) ・国際商標出願完了から指定国における登録までの弊所費用 : 約23万円/1ヶ国  (1区分、審査通知1回、約5ページの回答書として) ・国際登録完了から指定国における登録までの現地代理人費用  (政府費用も含めて) : 約10~30万円/1ヶ国(出願国、現地代理人、審査通知の回数などによって大きく変動します) *出願時に特許庁に支...

続きを読む

その他(意匠)

...)を経過してしまっているので、上記意匠登録出願に基づく優先権主張は無効です。 Q. 意匠には、特許のPCT国際出願や商標のマドプロ出願のような、国際出願の制度は存在するのか? A. 意匠の国際登録制度としてヘーグ協定というものが存在しますが、基本的な制度の違いから、日本は未加盟です。従って、原則的には日本人、日本法人は利用できないのですが、加盟国に住所若しくは現実かつ真正の工業上若しくは商...

続きを読む

その他(商標)

...人費用が発生します。 また、もしも登録する国や商標を使用する対象を増やす可能性があるならば、マドプロ出願には、事後指定(指定国、指定商品・役務の追加)が可能です。但し、指定商品・役務の追加は、国際登録の範囲内でのみ可能です。従って、後に商標を活用する国や対象が増えた場合に対応できるというメリットがあります。 さらに、登録後も更新、各種変更手続きを一括で行うことができます。 デメリット ...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作