国内公知

中国(1): 審査

...どと比較すると審査自体はそれ程厳しくはありません。 弊所でこれまでに扱った案件でも特許化が困難な状況に陥ったような案件はありません。 尚、以前は、新規性阻害事由となる公知公用について、国内公知(国内における公知、公然の実施や文献の公開が先行技術となること)を採用しておりましたが、2009年10月1日に施行された新中国専利法により、現在は、日本などと同様に世界公知(国内のみならず外国のど...

続きを読む

各国における先行技術の定義と新規性喪失の例外(Part 1)

...リオド制度は維持されるため、依然として日本などにおける先行技術の定義とは大きく相違する点もあります。 まず、国際的調和に結びつく変更点として、以下が挙げられます: - 公知公用については、国内公知から世界公知へ変更(新規性阻害事由となる公知公用について、国内のみならず外国における公知、公然の実施や文献の公開を先行技術に含めることになった。詳細な説明はこちら。) - 所謂「ヒルマードクト...

続きを読む

各国における先行技術の定義と新規性喪失の例外(Part 2)

... [II] 主要国(日本、米国、欧州、中国、韓国)における先行技術の定義と新規性喪失の例外規定適用条件の比較   (II-1)先行技術の定義: 国内公知 or 世界公知 国内における公知、公然の実施や文献の公開が先行技術となることを一般的に「国内公知」と称し、外国における公知、公然の実施や文献の公開も先行技術に含めることを一般的に「世界公知」...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作