商標出願 各国 料金

ホーム

...アソシエイツの特徴 ご相談・お問合わせ 弊所は、35年以上知財関連実務及び翻訳に携わって参りました。 経験に裏付けられた高度な専門知識、 英語能力、論理構成力を駆使して主に国際特許・商標出願、外国特許・ 商標出願など知的財産関連書類の作成・翻訳を行います。 お見積など、何でもお気軽にご相談ください。 〒106-0032 東京都港区六本木5丁目13番6号 麻布CMSホームズ 30...

続きを読む

外国出願

... 外国へ各種知的財産権取得のための出願業務[特許協力条約(PCT)に基づく国際特許出願やマドリッドプロトコルに基づく国際登録商標出願を含む]並びに出願後の諸手続き(拒絶理由通知に対する回答書や審判理由補充書の作成及び提出など)を行います。 (1-1) 井上&アソシエイツでは、外国出願制度に精通した技術者並びに事務担当者...

続きを読む

各種出願料金(概算)

...国出願から登録までの外国代理人費用 : 約25~35万円/1ヶ国  (出願国、現地代理人、現地語への翻訳の必要性などによって大きく変動します。) III.商標 III-1. 日本国内商標出願 ・出願費用(1区分として) : 約8万円(政府費用含む)(2区分目以降は+¥5,000/区分) ・審査請求(不要) ・中間処理 : 約8万円(審査通知1回、5ページの回答書として) ...

続きを読む

その他(商標)

...は6ヶ月と定められています。従って、日本の商標登録出願の日から6ヶ月以内に外国出願手続きを完了させなければ優先権を享受することはできません。 Q2. 直接外国へ商標登録出願することに対する国際商標出願(マドリッドプロトコル出願)のメリットとデメリットは? A2. マドリッドプロトコル出願(所謂「マドプロ出願」)のメリットとデメリットは以下の通りです。 メリット マドプロ出願のメリッ...

続きを読む

中国商標登録出願に関する注意点

... 本稿では、中国の商標制度を網羅的に説明するのではなく、日本の制度との比較の観点から主な注意点を簡潔に纏めます。 1)一出願一商標一区分 中国は、1つの商標出願で1つの区分の商品しか指定できないという「一出願一商標一区分」の制度を採用しています(日本も以前はそうでした)。 従って、1つの商標に関して、複数の区分にまたがる商品を指定したい場合には、複数...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作