医薬用途

医薬の用途発明(第2医薬用途など)について

... 日本を含む主要な国では、医薬の有効成分が公知物質であっても、特許が認められる場合があります。但し、国によって許容されるクレームの形式などは異なります。公知物質について最初に医薬用途を見出した発明を「第一医薬用途発明」と称します。更に、多くの国では、そのような「第一医薬用途」が知られている公知物質について別の治療効果や別の用量・用法を見出したことによる発明も特許の対象となりま...

続きを読む

医療・バイオ関連発明の方法クレームについて

...ことはありません。(しかし、当然のことですが、特許として認められるかどうかは又別の問題です。) 米国出願において注意しなければならない点は、公知物質に基づく「物」の発明(例えば、公知物質の第2医薬用途に基づく製剤や、用法・用量に特徴のある製剤など)は特許対象外であるため、方法の発明として出願しなければならないという点です。 ...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作