医薬 発明 中国

進歩性の拒絶への対応(Part 2)

...)して審査対象の発明に到達することを妨げる(prevent又はdiscourage)ような教示のことを意味します。 例えば、審査の対象となっている発明Xが、主成分(a)と補助成分(b)とからなる医薬品に関するものであり、この発明Xが、成分(a)を開示する先行技術文献Yと成分(b)を開示する先行技術文献Zとの組み合わせにより容易と認定された場合を想定します。この場合に、例えば、文献Yと文献Zのい...

続きを読む

進歩性(非自明性)の判断基準

...の阻害要因であり、もう一つは技術的課題の解決方法が逆になるというような技術思想的な観点からの阻害要因です。 上記のテクニカルな観点からの阻害要因としては、主成分(a)と補助成分(b)とからなる医薬品を主題とする発明Xが、成分(a)を開示する先行技術文献Yと成分(b)を開示する先行技術文献Zとの組み合わせにより容易と認定されたという場合を例に取りますと、例えば、文献Yと文献Zのいずれかに「成分...

続きを読む

リンク集

...検索サイト 相互リンク 特許出願の方法と手続き 特許出願手続きの概要がやさしく説明されています。 知的財産FINDER 特許・商標・特許翻訳等の知的財産系検索エンジン。 医薬翻訳の扉 医薬翻訳のノウハウが詳細に説明されています。 特許調査はアドマイオーラコンサルティング 特許事務所で培った長年の経験を生かし、ほんとうにお役に立つ情報をリーズナブルな価格でご提供い...

続きを読む

医薬の用途発明(第2医薬用途など)について

... 日本を含む主要な国では、医薬の有効成分が公知物質であっても、特許が認められる場合があります。但し、国によって許容されるクレームの形式などは異なります。公知物質について最初に医薬用途を見出した発明を「第一医薬用途発明」と称します...

続きを読む

医療分野の知的財産について

...行為に関する特許を取得することは可能ですが、医師に対しては特許権を行使することは出来ません。しかし、全く権利行使が不可能という訳ではなく、以下のような場合に権利行使出来る可能性があります: - 医薬の投与方法の特許を侵害する行為は、医師であっても免責されない可能性がある。 - 製薬企業が医師に医薬を提供する行為も間接侵害(寄与侵害)に該当する可能性がある。 - バイオテクノロジー特許を...

続きを読む

国や技術分野による実施例の必要性及び記載要件比較

...果と相関すると考えるin vitroの実験結果であれば、実施例になります。 韓国出願の場合、実施例なしでは明細書が不完全とみなされます。日本出願と同様に、薬理データの記載が求められています。特に医薬組成物の発明の場合、当業者が発明を実施可能なように、医薬組成物の有効量、投与方法およびその他の処方に関する情報を明細書中に記載することが必要です。また、医薬組成物の使用を特定の疾患または薬理効果に関...

続きを読む


お問い合わせ

Share | rss
ホームページ制作